FC2ブログ

もがいてもあがいて。そして、手に出来るものはなんだ?の「バベルの塔」展講演会&Study of BABEL

こんにちはー。


週末いかがお過ごしですかー?




いいお天気!




そんな日の、目線はというと・・・。









暗い(笑)

なんか、もがいてるな。私。(笑)










さあ、続きから。



「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展
16世紀ネーデルラントの至宝-ボスを超えて-」連携講座
「バベルの塔」を通してブリューゲルが現代に伝えたかったこと



この日頂いた資料。





びっしり。




ちょっとメモ書いてるのが恥ずかしいけど(笑)



この講座の先生、高橋達史先生。

あのね、何がいいって。


もうね、ブリューゲルやボスが大好きで。



途中難しいお話しだって出てくるんだけど、

一生懸命

楽しそうに

それこそ少年のように

喋りつづける感じがね、聞いていて本当によかったーーー。


でね。

この先生のお話しで、すごく自分が今まで感じていたこととピタッと来たのが

ボスの作品は。。。

ヒエロニムス・ボス「快楽の園」
kairaku


自然界にない色使い、幻想的な色の世界。

ボスの作品を見たことがない人に「作品を言葉で説明することができない」作品だ。

イマジネーションがぶっ飛んでて、「なんでこうなったか?」が成り立たないのが凄い。




というようなことをお話しされていて、

もうね、本当になるほど。と納得。


確かにずっと思ってた、上手く言えないけど何だか惹かれる世界観。

なんじゃこりゃ。と思わずニヤけ(笑)

ああ、こういう発想が自分にあったらなぁと。

そうだ、そんなところが大好きなんだと改めて感じたの。




でね。

ピーテル・ブリューゲル

baberu


先生は、ブリューゲルに関しては、マクロ(迫力)とミクロ(細密)を併せ持っていると。

だから見ている人の視線の誘導があるって。


確かに、この作品なら

baberu


まずセンターのこの顔&魚が目に飛び込んでくる!

そして周りに目を向けるよね。



後、面白かったのは、ブリューゲルの作品のモンスターたち。

精巧に描かれた魚が巨大化していたり、そこに人間の足がくっついていたり

鋭い自然観察から生まれているって。



確かに!!!

うわーーー。私か感じた「きっちり感」ってこういうことだったのかー。と。



似てるようで理系と文系位違っていて。



聴いていてすっごく楽しかったー。


なんだか、先生とお酒飲みながらもっと話してみたい!

そんな感じの講演会。


こういう講演会って正直眠くなるようなものばっかりだったから、びっくり!





ただ・・・。

正直に言います。

実はこの後、先生の話が余りに面白すぎて



東京都美術館でやってた

第2回
日時
2017年5月27日(土) 14:00~15:30
テーマ
「ブリューゲル《バベルの塔》の衝撃 マクロとミクロの融合」
講師
高橋達史氏(青山学院大学文学部比較芸術学科教授)
会場
東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)


これも聞きに行ったんだけど。


私的には「MMM(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド)」の

16世紀ネーデルラントの至宝-ボスを超えて-」連携講座
「バベルの塔」を通してブリューゲルが現代に伝えたかったこと

こちらに軍配が。


なんだろ。

距離感とかかな。

後ね、何を伝えたいか?のテーマが来てる人にわかりやすかったー。


誰のために。

何のために。


そして、話す人の好奇心は何処にあるのか。

聴く人の好奇心は何処にあるのか。



大事なことって案外シンプル。で。難しい。



そういう意味では



東京藝術大学でやってた関連企画


『Study of BABEL』(こちらから)




これバベルが立体化されていて、おおーこういうこと?と好奇心がうずく(笑)

実際のサイズ感ならもっと嬉しいけど、それは無理か(笑)



しかもね。


わかるかな?



そこにあったカメラで顔撮影して



塔の中で動けるの。仕事したり寝たり(笑)




自分の思い描いたことやそれ以上のものがあると、おおーってなるよね。





そういう意味じゃ、これ。





そう!




つづく。







そろそろ終盤かなYUNEMOKO



スポンサーサイト



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR