FC2ブログ

憂いを秘めた女になりたい女性も!そんな女性に詳しくなりたい男性も!の「東郷青児」展

おはようございます。

雨の木曜日。

この後ますます寒くなりそうだけど、

暖かいものでも食べて

今日も一日頑張るっぺ!
東郷




という事で。

東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館

「東郷青児 〈超現実派の散歩〉と収蔵品選」
東郷


東郷青児という方を全く知らずに行ったこの展覧会。(昨日のブログ

実は女性像の画家として著名な方だったらしく。

東郷
舞(1938)


東郷
紫(1939)


美しい女性像が次々に。


その中でも特に私が好きなのはこの2作品。

東郷
渇(1953)

カラッカラに渇ききった土地。

ガリガリに痩せ、筋張った体に子供を抱く女性。

こちらを虚ろな、でも強い瞳で見つめている。


不謹慎かもしれないけれど。

なのに何だか美しい。



そしてこの絵も。
東郷
望郷(1959)

何もない宮殿のような場所。

つるんとした陶器のような肌。

遠い故郷に思いはせているのか。

過ぎ去った過去に思いを馳せているのか。

・・・・わからないけど。でも。

何となく憂いを秘めていて美しい。



それにしても、東郷はん。

何だかこの人って。

女の人の「美しさ」に詳しい!



そう思っていたら

随分と女性と色々あった模様ーーー。


ウィキペディアより
◆1920年(大正9年) - 永野明代(はるよ)と結婚。(23歳の時)
 1921年(大正10年)から1928年(昭和3年)までフランスに留学。

この年は凄い!
◆1929年(昭和4年) - 既婚のまま2月に中村修子と結婚披露宴を挙げ、3月に愛人の西崎盈子(みつこ)とメスで頸動脈を切り、ガス自殺をはかったが、救出される。
宇野千代と同棲を始める(宇野の『色ざんげ』は東郷をモデルにした主人公が自らの情死未遂事件を語るというもので、のちに東郷は「この作品は最後の一行まで僕の話したことだ」と語っている)。


◆1933年(昭和8年) - 宇野千代と別れ、妻の明代とも離婚。情死未遂事件の相手、みつ子と翌年結婚。


いや。


これ・・・。


色々ありすぎでしょ!



そりゃーーー


詳しくもなるわぃ!
東郷




これ以外にも展覧会には、

宇野千代さんの写真や宇野千代さんが創刊した雑誌「スタイル」(これは題字を東郷さんが描いたとか。)なんかもあったりして・・・。

何だか今度は「宇野千代展」があれば行ってみたい!


あ、今回の展覧会。

数点ずつだけど、

シャガールやピカソ。ルノワールやセザンヌ・ゴーギャンなんかもある!


で。


忘れちゃならない。この作品。
ゴッホ
フィンセント・ファン・ゴッホ「ひまわり」

1987年に安田火災海上(現・損害保険ジャパン日本興亜)が3992万1750ドル(当時のレートで約58億円)で購入して話題に!

その後、いつかわからないけど

当時流行っていたコインペンダント?コインネックレス?になってましたよねーー?

この「ひまわり」。


こういうの。
東郷




裏はゴッホの顔。
東郷


こういうのつけた、シャツの前が大きく開いた大人。当時いっぱいいたなぁーーーー。


と、当時に思いを馳せるワタシ。


ん?


これもある意味「望郷」?


ってことは。。。


今のワタシ。


この
東郷

「望郷」の彼女的に


憂いを秘めていて美しいのでは?









さぁーーー。


寄ってらっしゃい見てらっしゃい!

東郷


        YUNEMOKO


スポンサーサイト



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR