FC2ブログ

マリーアントワネットちゃん、いつかあの世で女子会しよう!の森アーツセンターギャラリー「ヴェルサイユ宮殿《監修》 マリー・アントワネット展」

おはです!


いい週末すごしましたか?

私は慌ただしく終わっちゃった。



でもまあ、慌ただしい中駆け込んだコンビニで




じゃじゃーーーん!




抹茶ヌードル!(笑)






まだ食べる勇気はないけれど、

なんかね。

小さい楽しみ探しってことで。





さあ、そろそろ山場の


森アーツセンターギャラリー「ヴェルサイユ宮殿《監修》 マリー・アントワネット展」




第12章 牢獄から死刑台へ




ついに。

ルイ16世がギロチンに。ひぃー。


1793年1月21日のこと。


その7月。

王妃と次男は離ればなれに。

(ベルばら読者の皆さんはご存知だと思うけど、長男くんは1789年6月に亡くなってます。)


そして、1793年10月16日マリーアントワネットが死刑台に。






見て。この作品。


アレクサンドル・クシャルスキ《タンプル塔のマリー・アントワネット》
mari

あの華やかな肖像画とは打って変わって、

何だか悲し気な。

これが、マリーアントワネットなの?と言いたくなるような。


胸がきゅーーーーとなる。










《マリー・アントワネットのシュミーズ(肌着)》
mari



タンプル塔に投獄された王家一家。


この肌着、なんて質素なんだろう。

そして、自分の死後、身に着けていた肌着が残されて展示され続けている。



これって、私なら何だか悲しいな。

良い時代も悲しみも、すべてを後世の人にさらけ出すなんてよく考えたらすごい事だよね。


身の回りのものといえば。



マリー・アントワネットのヘアバンド
mari


ヘアバンドも、質素な感じ。




あああ。ついに。

ウィリアム・ハミルトン《1793年10月16日、死刑に処されるマリー・アントワネット》
mari


1793年10月3日、マリー・アントワネットはギロチンに。

これは、ウィリアム・ハミルトンが最後の瞬間を描いたものだとか。

白い部屋着、凛とした表情で天を見上げて・・・。このような群衆の憎悪にさらされた中で・・・。

事実を知りながら見るからか、なんという最期なんだろうか。と。


誰かに敵意を向けられたり負の感情をむき出しにされると

心が折れそうになるよね。のみこまれるっていうのかな。

どちらが正しいとかではなくて、最後までこの状況に向き合えていたのだとしたら凄いなと。



《マリー・アントワネットの「サン=チュベルティ風の」短靴》王妃の処刑もしくは埋葬の時に収拾
mari


これは、マリー・アントワネットが死刑台にのぼった日に履いていた靴なんだって。

王妃が脱ぎ落としてしまって、それを拾われ、すぐにある貴族の手に渡ったんだって。

本物かどうかはわからないけれど。

死刑台に向かうマリーアントワネットが最後に履いていた靴だとしたら、

ああ。心臓が破裂しそうだ。




第13章 殉死した王妃の崇拝


エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブランの原画に基づく《マリー・アントワネットと子供たち タピスリー》
mari


亡くなってから、今なお我々の心をとらえるマリーアントワネット。

何だか、遠い昔の人なのに、歴史の中の人なのに、

すごく身近で、夢のような世界の人で、


そして、悲しいほどただの一人の女性で母親で。


憧れと親しみと。



そういうところが、グッとくるのかなぁ。





なんて、おセンチな気持ちで会場を後に・・・。





はぁぁぁぁ。

いつか、マリーアントワネットとお酒でも飲みながら語ってみたいもんだわ。



あの世で女子会。


参加者募集中!




大事にしたいものはいつの時代も変わんないのかもね。のYUNEMOKO




スポンサーサイト



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR