FC2ブログ

圧倒的なその存在が誰を変える?の東京都美術館「木々との対話―再生をめぐる5つの風景」展

おはこんにちはー。


今日祝日だね!すっかり忘れてた。


山の日。

海。山と来たら次は川の日とか空の日とかも出来るんじゃ?



なんてことはさておき。



続いております。




東京都美術館「木々との対話―再生をめぐる5つの風景」展

ブログ記事①はこちら、ブログ記事②はこちら







國安孝昌

CHI VA PIANO VA LONTANO(静かに行く人は遠くへ行く)


このタイトル、イタリアのことわざみたい。





上から見ると。












不思議な都市が浮かび上がったような。

ぼけーっと傍観してしまうような。









でもね。


目の前に立つと。




ぶわわわわーっと自分の中の何かが変わる。














全部はおさまりきらない。







これだけの量が







自分の目の前に






凄い存在感で







ある。








近くにいた人がボソッと「圧倒的な物量」と表現されていたけど。




その言葉がピッタリで。





目の前に立つ人々の


心を揺さぶるこの量感。





木の存在感がこの場所の空気を作ってるっていうのか。




空気を変えているのか、来た人を変えているのかは


よくわからないんだけど。










この木の真下に入りたかったなぁ。




入ってしゃがんでみたい。





ああ。

寝転んでみたい。












と、ブツブツ。




さあ、進もう。








明日こそ封筒!むふ、必見!のYUNEMOKO










スポンサーサイト



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いわゆる、「急がば回れ」だね。
ことわざや言い回しが、さらりと言えるようになれば、外国語も本物なんだろうけど、なかなか~。
これ、相当巨大なんだろうね?こういう作品は、実際に見ないと、わからんね~。見たい!

Re: No title

コメントありがとうございます!
なるほどです。そう教えて頂くと私にも判り易い~。
ニュアンスが、わからなくて。調べてもニュアンスまではなかなか。
これ、本当に巨大です。見て感じる作品って感じです。
私もどこでもドアでそちらへ行きたいです~!
プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR