FC2ブログ

おしゃれなおしゃれな、そしておばさまの目が点になっとるでーーー!の東京都美術館「ポンピドゥー・センター傑作展

こんにちはー。

ジメジメな今日。

いかがお過ごしですかー?


私はエアコン修理の方をチラ見しながら

ブログ制作中ー!


ふふ。

自宅で仕事してる「出来る女風な雰囲気」

バリバリに醸し出しながら(笑)

こんなゆるブログ書いとりまっせ!






むふ。そして、本日のおやつー。





さあ、本日は

東京都美術館「ポンピドゥー・センター傑作展」






早速中へ・・・入る前に




今回も少しばかし「ポンピドゥー・センター」について。



ポンピドゥー・センター
ponnpi


ポンピドゥー・センターは、フランス・パリにある総合文化施設で1977年開館。

国立近代美術館、産業創造センター、音響音楽研究所IRCAM、公共図書館が入っておりおりまする。





でね。そのポンピドゥー・センター国立近代美術館が

所有している作品のうちの1906年から開館の1977年まで約70年分。

一年、一作家、一作品で紹介しているのが今回の展覧会なんだけど。


ponnpi





中へ入ると



展示がすごくおしゃれ。


最初の部屋はこんな風に





壁に年代が描いてあって。

その下に作家名。

そして、その作家の言葉、作家の写真があって

その横に作品が。




作品をどんっと見るというよりは

目に入ってくる印象としては。




〇〇年はこの人なのね。

で、この人はへーーーこんな顔してるのか。


ほぉー、こんなこと言うてはりますか!


で、作品は。。。って感じ。




でもって。

記念すべき?一番最初に飾られていたのはこれ。



ラウル・デュフイ《旗で飾られた通り》 1906年
ponpi

7月14日、フランス革命記念日のドラピエ通りを描いたんだと。

そう聞くとわくわくするねー。




この展覧会のはじまりにぴったり。


で、少しすすむと。



コンスタンティン・ブランクーシ《眠れるミューズ》1910年




いや。寝てるよ。確かに寝てるけれども。


首から下、どした?




でもって。

マルセル・デュシャン《自転車の車輪》1913/1964年
ponpi


これ見た時の斜め前のおばさまの目!!!

完全に????ってなってる!!!

もうね、「はー?」って声が聞こえてきそう(笑)


これ、車輪を回して見ていると落ち着くからとかで制作したとかなんとか。


まあ、その気持ちはわかるけど。





でもって、そのおばさまも笑顔になったこちら。



マルク・シャガール《ワイングラスを掲げる二人の肖像》1917-1918年




これ、シャガールが妻ベラの肩の上に乗りワイングラスを掲げる姿なんだって。



ワインや肩車って、ユダヤの婚礼の儀式を象徴しているんだって。

実際は新婦が新郎を肩車するんじゃないと思うけど(笑)


でもって、紫色の天使は愛娘イーダちゃんだとか。





あ、ここに書かれていたシャガールの言葉を。



「私を空想的だと言わないでください。

その反対で、私はレアリスト。

私は大地を愛しています。」




わかったような、わからんような。




で。


ロベール・ドローネー《エッフェル塔》1926年
ponpi


カラフルで、楽し気で。

でもそびえ立つ、なんだか手の届かない感じ。








こうやって、進んでいくと

だんだん強く感じることがあって。





それは・・・。







つづく。





若いカップルのデートコースにゃ最高かもよ!のYUNEMOKO



スポンサーサイト



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR