FC2ブログ

大切な人とケンカしたら見にきてごらん。きっと今すぐ仲直りがしたくなる!国立新美術館 「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展 」

こんにちはー。





最近、スニーカーが欲しくて探してるんだけど、

なかなか出会わない。


週末はスニーカー探しの旅に出ようかなぁ。




さあ、本日最終章!

国立新美術館
「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展 」

20160622090451604.jpg




ブログ(その①)、ブログ(その②)、ブログ(その③



Ⅵ章 子どもたち






母性 あるいは 乳飲み子(ルノワール夫人と息子ピエール) 1885年 オルセー美術館
ルノワール


この作品大好き!

ありふれた光景。

穏やかで、何よりもあたたかな愛情が感じられる。



あ、

この作品も。



ジュリー・マネ あるいは 猫を抱く子ども 1887年 オルセー美術館
ルノワール



少女の透明感。

でもね。

なんというか、愛されてるものが持つ顔。表情。

この子の周りには「幸せ」の空気が漂っていて。




幸せといえば。



Ⅷ章 《ピアノを弾く少女たち》の周辺


ピアノを弾く少女たち 1892年 オルセー美術館


この少女たちの姿。


裕福そうな家庭の少女たち。


彼女たちの姿の中にも、「愛されてる」表情や空気が凄く感じられて。

それは彼女たちの両親なのか、家族なのかはわからないんだけど。






そして、こちらの彼女たちもまた同じように。



ピアノを弾くイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロル 1897-1898年頃 オランジュリー美術館



あ、でね。


この後ろの絵。

エドガー・ドガの「競馬」と 「踊り子」みたい。








このルロル家には芸術家がたくさん集まってたみたいだよ。

そんな中でピアノ弾く娘。すんごい環境!





でも。


色々作品見てて

共通して感じるのは。




Ⅸ章 身近な人たちの絵と肖像画



なんというか、普通ぽさ。

椅子に座る娘 1908-1909年 オルセー美術館





この少女のはにかんだ表情、いいわー。



この子、絶対素直で穏やかないい子に違いない!





でね。



バラを持つガブリエル 1911年 オルセー美術館



このガブリエルってちょいちょい出てくるから

誰なんだと思ったら、ルノワール家の子供のお世話係さんのようで。





Ⅹ章 裸婦、「芸術に不可欠な形式のひとつ」



横たわる裸婦(ガブリエル) 1906年頃 オランジュリー美術館




お世話係、裸にまでなっとる!



でもね。





大きな裸婦 あるいは クッションにもたれる裸婦 1907年 オルセー美術館




どちらも愛らしいけど。



ガブリエルの肌。







なんというか、バラ色の肌ってこういうことだよね。

だから、いつもバラを手にしてるの???


ちなみに









下半身だけだと、あまり変わらない(笑)




ちょっと入れ替えてみると。


20160625115140877.jpg20160625115101775.jpg

20160625115202852.jpg20160625115122826.jpg


何か、どっちがどっちか。。。




あ、でね。




浴女たち 1918-1919年 オルセー美術館




この作品も、好き。

自然の中で、その風景にとけこむような彼女たち。


手前の二人も




奥で入浴してる彼女たちも。

いやらしさを一切感じない。



手前の二人のその表情は

楽しそうに恋の話でもしてそうな感じ。




ただ。





ただね。





お腹周りに目がいっちゃうのはしょうがないよな?



さすがにこのお腹周りはドキっとさせられて

この作品の前で思わずお腹ひっこめた人ーーーー!!!

私だけじゃないでしょ?でしょ?






でもさ。


ルノワールの人物画見てると

なんというか

家族や友人、自分の大切な人にすっごく会いたくなる。





穏やかでその作品の前でのんびり過ごしたら

どうにもこうにも「大切な人」が恋しくなる!



そう、ケンカ中でもそばにいても、

ずっと遠くに離れていても。



自分の「大切な人」の存在を強く強く感じる。





むふふ。


アナタは誰と見る?







さあ、急いで帰ろう!YUNEMOKO





スポンサーサイト



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

YUNEMOKOさんこんにちは
いつも楽しみに読まさせていただいてます。
そして初めてお邪魔します。
今回のルノアールの作品の感想で
「家族や友人、自分の大切な人にすっごく会いたくなる」
そして
「ケンカ中でもそばにいても、ずっと遠くに離れていても、自分の「大切な人」の存在を強く強く感じる。」
という言葉にじーんとしながら読みました。
私も展覧会を時々見に行くのが大好きですが、たくさんは見れないのでパスしようと思ってたルノアール展をみてみたいなあ、と思いました(*^-^*)
コラボ企画も大好きです!

Re: はじめまして

はじめまして。コメントありがとうございます!
頂いたコメント。とても嬉しくて、とても嬉しくて。
絵のことは全然詳しくなくて、ちゃんとした知識もないので
こんな普通の人でもそれなりに楽しめるんだなっとか
知識がなくても好きに見ていいんだなと伝わればいいなと思ってブログを始めたので
このようなコメント頂くと本当に本当にパワーがでます。
むふふ。嬉しすぎて、来週はコラボもやる予定です。
本当にありがとうございます!

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR