FC2ブログ

なんでここに来たかやっとわかった。で、結論。どうなったかっていうと、の損保ジャパン日本興亜美術館 「フランスの風景 樹をめぐる物語」

おはようございます!


さあ、今日もいいお天気だー。



今朝、PCデスクの下掃除してたら・・・





出てきた!!!


うわーーーい。

お久しぶりぃ。




これ、もうずっと探してたんだーーー!

一年ぶり???以上?





「どんだけ、掃除しとらんのじゃ!」っていう突っ込みはこの際忘れて。




よし、今日もいい一日になりそうだ!





さあ、そんな幸先のいい今日は

本日最終章!



損保ジャパン日本興亜美術館
「フランスの風景 樹をめぐる物語」







ブログ記事はこちら (①☆彡)、(②☆彡




第3章ポスト印象主義と20世紀前衛芸術への試み



ここで最初に登場するのはこれ。



フェリックス・ヴァロットン「オンフルールの眺め、朝」



これ、見ているとすごく気持ちいい!



朝。ちょうど今の時期のような風が心地いい朝のイメージ。

さあ、家に戻って焼き立てのパンとミルクたっぷりの珈琲を食べよう!

そんな声が聞こえてきそうな。




これも楽しそうな。

モーリス・ドニ「小さなブルターニュの女性、沼のほとり」




女性たちが沼のほとりにいるのかもしれないけど

私には雲にフワフワ浮かんでいるようにも見えるんだー。






オトン・フリエス「オンフルール近郊」




これはじっと見てると不思議な感じ。

魚眼レンズっぽいというのか

ビー玉越しに覗いてるようっていうのか


あ。直接自分の目で見てないような気分になる。




でね。


これは


ロベール・アントワーヌ・パンション「ブランヴィル=クルヴォンの谷」



なんというか、難しいことはよくわかんないけど

キラキラ景色に光が反射してる感じ。

外で光が眩しくて目を細めた時、こんな感じしないー?




そして、

ラスト。




今回、一番強く惹かれた作品。




クリスチャン・ロールフス「春の樹」




樹がね、


ぐおぉおおーーーって言ってる。



目の前でみると

樹の声が聞こえてきそうなほど。







空に向かって伸びゆく感じ。



色んなものをぐんぐん吸収して

どんどん放っていく。




ここで、やっと自分で気が付くんだけど。

今回の展覧会、作品を見るっていうより

癒されに来てる。私。



作品の知識も何もないけど、

見るたびに自分に戻って行って・・・

少しづつ水が染み込んでいくように

ゆっくりと空っぽな自分になれる感じ。




ああ、こういう見方もいいなぁーと。


今まで風景画とか山水画とかって、正直退屈な日もあって。





で。

結論。





なんかめっちゃ元気でたわー。





恐るべし!風景画の癒し効果。


次回こんな気分の時は、

いっちょ、山水画行って見るかー。







山水画。

どツボにはまってさらに落ち込みそうでこわいYUNEMOKO





スポンサーサイト



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR