FC2ブログ

こら!なんばしよっとかーーー!落とし穴に落ちて泥まみれの「輝ける金と銀」展

おはようございます!

いい天気!いいーーー天気!!!

ご機嫌で今日も行ってみよー!


さて、山種美術館「輝ける金と銀」展

昨日のブログ(☆彡)でも言いましたが、

今回の展覧会、各作品がどのように「金」「銀」を使っているかを

かゆいところに手が届く的にわかりやすく説明してくれていて。

その説明読み進めながら、ひたすら「へぇー。ほぉー。へぇー。ほぉー。」の繰り返し。



名樹散椿 速水御舟
金

へぇーーー。

この背景の金!

「撒きつぶし」という技法で、金箔を細かくしたのをぎっしーりと敷き詰めてるんだって。

この何というか、マットでペったり?のっぺり?(ああ、うまく言えない!!!)した感じ。

すごい迫力ーーー!


木兎 横山大観
金

ほぉーーー。

この光る目!

金泥と言って、金の粉末を膠(にかわ)の液で泥のように溶かしたものなんだって!


昆虫二題 「葉陰魔手」と「粧蛾舞戯」 速水御舟
金金


へぇーーー。

蜘蛛の巣、雲母(きら)という絵の具だって。

これ見る角度によって糸の光具合が全然違うーーー!


ほぉーーー。

こちらの蛾は金の光に吸い込まれていくようね!



でね、この辺りまで見て・・・・気づいたんです。

私。どえらい落とし穴に落ちちゃっとる!!!


山種美術館さんの「金と銀」に関する説明。

面白すぎて、それにばっか目が行きすぎて・・・・。

絵自体をちゃんと味わっとらんじゃないかーーー!



ベテランさんとは違って、あたしにゃ初めて見る絵ばかり。

知識のない私が、唯一どの絵に対してもできること・・・・。それは。



まず絵を見てどう思うか。

ただ、好きか。

嫌いか。

何を感じるか。





そこ疎かにしてーーー!もう!

こら!自分!なんばしよっとかーーー!


という事で、何とか落とし穴から抜け出しーーー、

泥まみれのハート♥で再度鑑賞。


秋草鶉図 酒井抱一
金

本来の銀も綺麗だろうけど、この黒い月もコントラスト強くて、好きだ。
繊細な鳥や花と月の大胆さも見えとらんかったなぁ。

名樹散椿 速水御舟
金
背景もいいけど。幹の辺り、西洋画っぽいのはなんでだろう。そして、花の美しさーーー!


昆虫二題「葉陰魔手」と「粧蛾舞戯」速水御舟だって、

タイトルひとつ取ってもまるで暴走族用語(「夜露死苦」とか)風だしーーー!


でも途中で気が付いてよかった!




華扇屏風 加山又造
金
着物!着物!こんな着物あったら欲しいーーー!

と、いつもの私。実際調べてみたら、又造さん。

京都府に西陣織の図案家のお子さまなんですってーーー!

ほら!このちょっとした「ビンゴ!」感。


で、今回の「山種スパイス」をちょいと入れるとーーー。

この作品、「銀」が変色していくことを念頭にこの銀のコントラストが生まれた模様。

じゃあ、いずれはもっと黒くなって、作品のイメージも変わるのかな?

それはそれで楽しみね!


それにしても・・・、

「木を見て森を見ず」

きっと、このことわざ目にするたびに思い出すわ。今日の自分。



え?で、泥だらけのハート♥はどうなったかって?

大丈夫!

きっといつか金泥に変わる日が来るはずーーー!


YUNEMOKO




スポンサーサイト



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR