どっちがどっちだ?神様も妖怪も愛しいやら可愛いやらの府中市美術館「ファンタスティック 江戸絵画の夢と空想」

おはようございます!


昨日の春の嵐から一転。

いーお天気!!!


桜もきれい!








ああ、桜餅食べたい!!!

というわけで。



昨日からの続き(☆彡


府中市美術館「ファンタスティック 江戸絵画の夢と空想」
府中




今日は第二章「「見ることができないもの」


その中でも・・・。



伝説と歴史


英一蝶 かぐや姫


お、かぐや姫!

あれ、小さくない?と思ったけど、

まあ竹から出てきたんだもんね。



反対に・・・。


鳥居清長 行司を務める金太郎


金太郎ちゃん、鬼よりデカい!!!






でねーーー。


大好きなのがこれ。

小泉斐 竹林七賢図


これさ、よく見ると・・・。





仙人っぽいおじいちゃん達が、ヘラヘラしてる!!!


酔っ払ってるのかなぁ。

でも、へべれけって感じではなく、ヘラヘラって言葉が似合う。



で、お次の

神仏、神聖な動物

では、神仏と言えば七福神よねーってことで。




酒井抱一ほか 七福神図




穏やかで幸せそうな七福神たち。


でも、私はやっぱりこっちかなー。



小泉斐 七福神図



さっきの「竹林七賢図」といい、この人の描く人物キモカワイイー!



ほら!



この一見ユーモラスで不思議な空気感!

ちょっと異質な感じが、この世のものとは違っていて

なんというか「ファンタスティック」!



で、不思議と言えば。


原在中 飛竜図
府中



これ、最初見たときふざけてるのかと思ったの。




だって、体は鯉で頭が龍だよ?


なんでも、中国では

「鯉が龍門の滝を登り切ると龍になって天に昇る」って言われてるらしい。

この姿だけ見てると、ちょっと時空がねじれた瞬間のような

そんな不思議な感覚になるわ!





でね。

地獄!!!



歌川国芳 地獄図




えんま様がいたり。




地獄と言えばの大釜!




そして、ん?



動物にされちゃってっこと?




あ、あとこのガイコツも・・・。

堀田正民 骸骨図



何だかガイコツなのに、死んでる感じがしない。




うまく言えないけど、人間くさいというのかなぁ。




あ、そういえば。

妖怪、妖術


吉川一渓 白狐図



この狐。

すごく色っぽくて。

妖艶。というのか。




キツネって不思議だよねー。

狐火みたいな表現もあれば、稲荷神社でまつられたり。

お化けの怖さと神様の神秘さって紙一重なのかねー。




で、そんなお化けの怖いもの。

歌川国芳 道外化もの百物がたり



百物語をしている妖怪ちゃんたち。

※「百物語」って百話目の怪談が終わると、本物のお化けが現れる!ってお話し。


見て!この驚きようーーー!!!



もう、可愛い!



いや、自分たちの方がもっと怖い存在ですからー。






なんて、ニマニマしていると!








つづく。





怖いものは口裂け女とこっくりさん!YUNEMOKO




スポンサーサイト
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR