FC2ブログ

私は死んでも画家の妻にはなれません。いや、思い知る。思い知らされる!の国立新美術館「はじまり、美の饗宴展すばらしき大原美術館コレクション」

おはようございます!

最近買い物行ってないなぁ。



後、今保冷バック欲しいんだけど。


今のところ一押しはこれかなー。



L.L.Beanインレサレーテッド・トート


今月末の発売みたい。




と、地味ーーーに買い物意欲をふくらませつつ。




さあ、続いております!

(①☆彡
(②☆彡


国立新美術館
「はじまり、美の饗宴展すばらしき大原美術館コレクション」

おすすめ






西洋作品の次は・・・。



「日本の近代洋画」




「和服を着たベルギーの少女」児島虎次郎
oohara


この作品見て、

モネの「ラ・ジャポネーズ」思い出した!
monemonejapone


華やかな顔立ちに負けないような美しい着物



そして背景には日本の小物



なんというか、まるで日本好きの海外の人が描いたような

そんな印象。





「信仰の悲しみ」関根正二
oohara

みんな妊婦さん?お腹のふくらみが目立つ。



20歳で亡くなった作者が19歳の時に描いた作品らしいんだけど。。。








何だろうこの浮かない表情。

悲しみ?

それだけじゃない気もする。

この世界がリアルなのかそうでないのか。

不思議で、強く心に残る。



同じ女性たちでも。


「舞踏会の前」藤田嗣治
oojhara


こちらは乳白色の美しい世界。

でも真ん中の女の人のまっすぐで黒く大きな瞳、

その周りの人達の表情に生を感じる。




で。

この男性たち。

前田寛治「二人の労働者」
oohara

この作品は好き。

真っ直ぐ前を見て、何か言いたげな二人。

でもさ、寄り添うように座っていて

最初は同性愛の方かな?と思ったんだけど。



まなざしやギュッと握りしめた手とは裏腹に、

不安だったりする気持ちが二人をより添わせてるのかなと。





そういえば。

まなざしの強さでいえば、

この後の章「民芸運動ゆかりの作家たち」で見た


「二菩薩釈迦十大弟子板画柵」棟方志功(一部)
おおはら

このまなざしや力強さもよかったなぁ。




で。


今回強く思った事。



私、画家の家族にゃーなれない!


だって。


「Nの家族」小出楢重


自分と妻と子供らしいんだけど。




えーーーと。

これ、私が妻だったら絶対文句言ってる!


「ちょっと!せめて私と子供は綺麗に明るく描いてよね!」

位の事、絶対言う!




でも。この作品。

大正8年二科展で「Nの家族」が樗牛(ちょぎゅう)賞を受賞してるんだって。



この奥さんってきっと自分の夫の才能信じてたんだよね!

見る目ある!

ああ、私画家の奥さんには絶対になれない。



でね。



「童女舞姿」岸田劉生
oohara

これもお嬢さん、麗子さんを描いたものだよね。


・・・。こんなに不気味な感じで描かれたら。

妻の立場でも娘の立場でもちょっと複雑。



でも、この存在感、圧倒的な存在感。

なんというか、そう、ひな人形がとてつもなく怖く見えるときない?

あの飲み込まれるような雰囲気に似てる。


これも愛情表現のひとつなのかしらねー。





で。

「孫」安井曾太郎 


これも、おい!って突っ込みたくなる!



孫だよ。孫。




妻でも娘でも嫁でも、心の中で「あちゃー」って思うわ。

で。自分が孫なら…半泣きで聞く!


「私って本当にこんな顔してるの?」






そして。



この作品。




「陽の死んだ日」熊谷守一
oohara


二男の陽君が亡くなった時の絵。




以前、クロード・モネの「死の床のカミーユ」
monemonekami-yu


こちらも見たけど。

それ以上の衝撃。




どちらも激しいほどのタッチ。




描かずにはいられなかったのかもしれない。



でも。

私が妻なら、自身の死を描くことはゆるせても

わが子を描くことは多分許せない。




作家本人の苦悩や悲しみ、そして描いてから始まる新たな苦しみ。

しめつけられるようなその思い。



関係のない場所からなら、いくらでも寄り添えそうな気がするんだけど。




もしこの子がわが子だったら。。。と思うと。

それだけで・・・。



oohara


この絵が、子供の死を思い出に変えることなく

永遠に

リアルな

その日のままで残りそうで。辛いな。


そして、自分の夫がわが子を描き続ける姿を

一生忘れないと思う。



はぁー。

想像しただけでこんなに苦しいのに、

奥さんぜってーーーーぇ出来ない!





と、勝手に想像して勝手に苦しくなった私の前に!!!






つづく







うう。画家の奥さんリスペクト!のYUNEMOKO



スポンサーサイト



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR