FC2ブログ

うわー。貴重だ!滅多にお目にかかれないよ。こんなに光が差し込む展示室!の世田谷美術館「スペインの彫刻家フリオ・ゴンサレス―ピカソに鉄彫刻を教えた男」展

おはようございます。



今日も寒いねー!



いつ使うのシリーズ!?第二弾!


お猿のマスクに続いて、ぐるぐるメガネーーー。

かわいいでしょ?




さあ、行ってきました!


世田谷美術館

「スペインの彫刻家フリオ・ゴンサレス―ピカソに鉄彫刻を教えた男」展


世田谷美術館





中に入ると!



えー。こんな場所だっけか?


と、大きく違和感の中。




どどーーーんとお出ましの



「ダフネ」1937年頃 バレンシア現代美術館蔵
世田谷美術館


これ、どうやらギリシャ神話の「ダフネ」という女神らしい。


アポロンに求愛され続けたけど、かたくなに拒否するダフネ。
これ、恋の神様エロースのしわざ。で、ダフネは自分の父(河の神)に頼んで
自分自身を月桂樹に変えてもらう。ひどく嘆き悲しんだアポロンは永遠の愛の証に
月桂樹で冠を作りずっと被ってるっちゅう・・・お話。



そういえばアポロンって確かに月桂冠被ってる!
アポロン




でね、このダフネちゃん。

確かに見ると葉っぱぽい手に木になったような体。

世田谷美術館


でも。なんだろー。


私には



てっちゃんにしか見えない!



でも、このてっちゃん。違ったダフネちゃん。




キラキラと太陽の光を浴びて綺麗なんだー!




外から見ると



わかるかなー?





ちょうどこの奥に!








中から見ると・・・。


セタビブログより)


あー!今気がついた!


こんなに明るい展示室って絵画の時にはないから


不思議な違和感だったんだ!


光の射し込む展示室って、凄く気持ちいい!




でね。



このほかにも。



「花(菊)」1890~1900年頃 バレンシア現代美術館蔵 
世田谷美術館

20151222105303395.jpg


うわーーーー。

花びらの一枚一枚が!



これ、まさか鉄なんて言われなきゃわかんないよ!




後、これも可愛かった!

「ネックレス」1920~1940年頃 バレンシア現代美術館蔵 



今だって充分通用するでしょーーー?






こんな繊細な作品を作っているのは

どんな人だと思ったら・・・。




世田谷美術館



うん!


なんかジェントルマン!!!








で。





この後もさぞや繊細な作品が・・・









と思ったら。







ほげーーーーーー。





なんじゃこりゃーーーーーー!!!!












つづく









…そー言えば。

紅白のトリってマッチの「ギンギラギンにさりげなく」と

聖子ちゃんの「赤いスイートピー」ってうわさが。

ってか若い子この曲知ってるのかな?


私はもちろん歌えるけど!のYUNEMOKO









スポンサーサイト



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR