FC2ブログ

理想が高すぎるぞ!こんな女性おるかーーーい!と言わずにはいられない!山種美術館「 村上華岳―京都画壇の画家たち 」展

やっほー。

おはようございます!


朝から寒いけど、珈琲がうまいーーー。


でも、今日こそはこれ飲みたいなぁ。


ってことで。




取りあえず、本日も元気にいってみよーーーーーーっと。








という訳で。


本日最終章!



山種美術館「 村上華岳―京都画壇の画家たち 」展
20151219103356157.jpg


ブログ記事はこちら(☆彡①)(☆彡②




何だか珍しく山水画に気持ちを全部持っていかれた後。



ほげーーーーっとしながら進むと。



第3 章京都画壇の女性表現―《裸婦図》の前後





この章もすごく面白かった!





上村松園「夕べ」
yamatane


ちらリズムじゃないけどさー、

こうしてすだれ?で見え隠れしているのって

ドギマギするね。



それから

上村松園「夕照」
yamatane

この舞いを踊る女性の腰!

お色気ムンムンというより、

女性の美しい仕草を本当にわかってるんだろうなーって感じ。

男性の画家さんが描く美人画とはまた少し違う感じ。





それを強く感じるのが、

上村松園「蛍」
yamatane


この女性の美しいこと!

決して派手な衣装を身にまとってるわけでもないのに

指先やホタルを見つめる瞳!

清らかな美しさっていうの?





この人のも、同じ匂いがする!


伊藤小坡「虫売り」
yamatane



と思ったら、女性の画家さんなんだね。

日常の一コマなのかもしれないけど、

虫を売る女性の背中の凛としたかっこよさ。

もっと、他の作品も見てみたいな。





同じ顔が見えない作品でも。


大西荘観「外出前」
yamatane

なんというか、匂い立つような美しさ。

艶っぽい。とでもいうのかな。





でね。これ。


菊池契月「少女図」
yamatane

着物の柄やなんかは可愛いんだけど、

この女の子たちの表情は

ただ無邪気でかわいい。とではすまされない。

何というのか、

アンニュイな、本当にそこに存在しているのか

不思議な感じ。





でもって、何よりも!何よりもこれ!!!


岡本神草「口紅」
yamatane


見た瞬間の「うわーーー」な感じ。

見れば見るほどひきこまれる!

美しい着物。くねらせた腰!

そして何より口紅をぬる仕草!

そして刺すような口紅の色!


なんだか目が離せない!


あ、この感じ!

以前見た「うらめしや~、冥途のみやげ」展(東京藝術大学大学美術館)

を思い出させる!

そう、妖艶って言葉がしっくりくるような。



ブログ記事はこちらから(☆彡①)(☆彡②









で、最後は村上華岳はん!



村上華岳「阿弥陀之図」
yamatane


綺麗な綺麗な阿弥陀様。

苦悩とかそういうものは一切感じなくて。



でね。

村上華岳「裸婦図(下図)」
yamatane


今回のメイン「裸婦図」の下図

これ、良かったー。

全く別の作品見ているようで、

まるで西洋画?

ああ、そうだ。

絵というより彫刻っぽい!




で、その後で




村上華岳「裸婦図」
yamatane



驚くほど柔らかで、肌の上に掛けられた布の透明感!

こんな女性が理想だなんて・・・



ああ。言いたい。


言ってもいい?





おるかーーーーい!





と。突っ込んだ人は私だけじゃないはず!

村上華岳はん。

夢を壊すようで、ごめんよ。

でも、言わずにいられなかった2015年の冬でした。






理想が高過ぎよ!村上華岳はん!

って、まだ言うか!のYUNEMOKO



スポンサーサイト



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR