FC2ブログ

本日はエロ爺祭り!ルーヴル美術館展とグエルチーノ展見た方は絶対楽しい!「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」展

こんにちはー。


暑くて暑くて。

ダラダラしております!


今日は絶対これ飲みたい!!!
スタバ
ストロベリー クリーム フラペチーノ美味しいよねー♪

え?

ダイエット?

するする!明日こそはする!きっと。




さあ。本日も始まりました!


Bunkamuraザ・ミュージアム
「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」展




昨日の続き(☆彡




第3章 富めるフィレンツェ

13世紀以降、ヨーロッパではたびたび「奢侈(しゃし)禁止令」っていう

贅沢を戒める条例が発せられるらしいの。



ああ。

こういう時全く歴史を勉強してないと困るのねー。



なんで贅沢禁止なの?

誰が誰にダメっていったの?

フィレンツェ自体が金融や貿易で豊かになったんではないの?

貧富の差が激しかったのかな?それとも清貧が美徳とか?



なんて知識不足のまま進むと。


フラ・アンジェリコ 《聖母マリアの結婚》
ボッティチェリ

結婚式の絵なのに、なんだか思ったより地味だなーと思ったら。

毎日小学生新聞によると、この絵の服装が地味なのは

「ローマ法王庁からたびたび出された贅沢禁止令の影響が出てる」んだって!



おお。「奢侈(しゃし)禁止令」はローマ法王庁から出てたのね!



お次はフィレンツェの商人や銀行家の寝室に飾られた絵や調度品。

第4章 フィレンツェにおける愛と結婚




この絵が面白い!

スケッジャ《スザンナの物語》
ボッティチェリ

これストーリ仕立てになっていて。

綺麗な妻スザンヌちゃん。
ボッティチェリ


そのスザンヌを見て、裁判中の長老がご乱心。
ボッティチェリ


入浴に行くスザンヌ
ボッティチェリ


それを覗こうと階段を登る長老
ボッティチェリ


で、スザンヌに言い寄る長老
ボッティチェリ




実はこれ、旧約聖書外典で語られる「貞淑な妻スザンナの物語」の絵で。



美しい若妻スザンナが沐浴していると、長老二人が言い寄ったけどスザンナは拒絶。(そりゃそーだ!)

すると長老たちは、スザンナが庭で青年と密会していたと姦通罪で訴えた。(なんつう嫌な奴!)

で、スザンナが死刑されそうになるんだけど、 預言者ダニエルが二人の長老の矛盾を暴いて

スザンナを助ける。。。というような話。



このお話が、美徳を代表するものとして婚礼家具に多く描かれたんだって。


他にも同じ物語が掘られた象牙の櫛

ボッティチェッリ





・・・あれ。

これ、どこかで同じような絵見た記憶が。



そう。


国立西洋美術館
「グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家」展
(記事はこちら☆彡



ここで見たこれ。



グエルチーノ 《スザンナと老人たち》
グエルチーノ


これ見たときは、なんだこのエロ爺達めー!くらいだったんだけど。


そんなストーリーだったとはね。





さあ。ここからはボッティチェリ祭りだ!

第5章 銀行家と芸術家

ここでは銀行家の人達が注文した作品がいっぱい!


サンドロ・ボッティチェリ《聖母子と二人の天使、洗礼者聖ヨハネ》
ボッティチェリ
マリア様の裾のこれなんだろなー。
ボッティチェリ




サンドロ・ボッティチェリ《聖母子と二人の天使》
ボッティチェリ


この二つの絵。

マリア様の衣装がそっくり。





サンドロ・ボッティチェリ《受胎告知》
ボッティチェリ

とっても大きな壁画。もともとは修道院に描かれた壁画だそう。


にしても。イケメン天使くん。
ボッティチェリ

韓流ドラマにありそうだ!



そして最後の章が

第6章 メディチ家の凋落とボッティチェリの変容

ずっと栄華は続かないのね。ってことで、メディチ銀行が衰退してしまうのー。


この当時。

修道女プラウティッラ・ネッリ(帰属) 《聖人としてのジロラモ・サヴォナローラ》
ボッティチェリ


この人、修道士サヴォナローラ。

「虚栄の焼却」といって、贅沢品や宗教上好ましくない芸術作品を燃やした人なんだって。


ひぃー。何も焼かなくったってー。と思った方、私もおんなじこと考えた!!!




そんな時代にボッティチェリが描いた作品。

サンドロ・ボッティチェリ《ロレンツォ・デ・ロレンツィの肖像》
ボッティチェリ


今までの作品と違って、華やかさとかなくてなんだか悲しい。

この人の顔も浮かないわね。


なんだか、最後はちょっとしんみり。

一つの時代が終わって、でもまた次が始まる。

そんな感じを受けて見終わったんだけどーーー。



ルーヴル美術館展(6月1日まで!)とグエルチーノ展(5月31日まで!)

これと合わせて3つとも見ると面白かったよーーーー!


見たことある絵に別の展覧会で出会ったり。

同じテーマの作品が一気に見れるから、すごく印象に残る!


っていうか、何でこの3つの展覧会協力や提携しないのだろーーー。


宗教画ってイマイチわかんなくても、エロ爺の話が旧約聖書からきてたとか

それだけでも面白い!


今週末おすすめ!

鳥獣戯画もいいけど、エロ爺もいいよーーーー。




って、どんだけエロ爺押し!?のYUNEMOKO


スポンサーサイト



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR