FC2ブログ

GW穴場!子供が絶対楽しめる!大人もめっちゃ楽しめる!「山口晃展 前に下がる 下を仰ぐ」水戸芸術館

おはようございます!ってかこんにちは?


さあ。今日明日頑張っちゃえば又週末だー。

お天気もいいし。張り切っていこーーー。





というわけで。

「山口晃展 前に下がる 下を仰ぐ」水戸芸術館



昨日のブログはこちら(☆彡


先程はじっくり見れなかった電柱(電柱をじっくり見るっていうのも不思議だけど。)
20150429063012498.jpg

左側のは壁に書かれた絵!


近づいて。
20150429062905483.jpg



真下から。
20150429063114004.jpg

仰ぐ。

さっき上から見たものを今度は仰ぐ。

不思議な感覚。


で。

ご丁寧に張り巡らされた電線!




そして同じ部屋には電線の絵ーーー。



この部屋は電柱に対するあつーーーい思いが発電しております。

電柱に関する自由研究なんてのもあって。

感電注意っす!




ささ。

お預け食らった一番最初の部屋へ。



「九相図(くそうず)」2015


遠くから見ると、色のうねり?を強く感じるけど。



その色の中に細かなストーリーが隠されてあって・・・。




私。

「九相図(くそうず)」なるものがあるなんて全く知らなかったんだけど。

屋外にうち捨てられた死体が朽ちていく経過を九段階にわけて描いた仏教絵画なんだって。


他にももうひとつ「九相図」あったんだけど。

もっと色々見てみたくなったなー。




他にも


この美術雑誌の表紙にもなった




「来迎圖」(部分)2015


この絵も色の強さが先に目に飛び込んでくる!


でもその奥?先には。





おどろいたのがこれ!

一見、真っ白なキャンバスの

「オイル オン カンヴァス(本歌 西本願寺 襖絵)」2015




白いキャンバスに透明な油で絵が書いてあって。

光の加減で絵が浮かび上がって!!!


キラキラと新雪が光ってるような。

眩い感じ。

ちょっとじーーーんとする。



で。第6室へ。


やったーーー。

この部屋大好き!

「無残ノ介」シリーズがどどどーーーんと並んでおります。



もう。漫画そのものなんだけど。

ページをめくるのではなくて、自分が動いていくの。


「続・無残ノ介」2007




本当に漫画のようにコマ割りされたものがあったり。



かと思えばどかーーーんとキャンバスに描かれていたり。



これが大迫力で。

漫画のような。お芝居のような。紙芝居のような。なんだか不思議な面白さ。

大人から子供まで、ずらずらーーーっと並んで読みふける(読み進むか)姿は

なかなかお目にかかれないかと。ぐふふ。




で。

最後にご紹介したいのは

ドア。

「どこでもドアは行きたい場所を思い描かなくてはどこへも行けない」2015



これ。

通り抜けるとき凄くワクワクする!

わかっちゃいるけど、行きたい場所思い描いてみちゃうし!





ゴールデンウィーク、行き先困ってる方是非オススメ!!!

小学生・中学生でも十分楽しめるし。

もう買い物とか行きたがらない漫画・メカ好きの男の子にもピッタリ!



「なんじゃこれ?」


「はぁ。電柱ーーー?」


「つか迷路?」


「お!漫画!」




とか、なーーーんもわからなくても楽しめるし、それでいいような気が。



「わからなくても楽しい!」「わからなくても大丈夫!」って言葉で言うより、

大人がヘラヘラしながら一緒に楽しむだけで十分伝わる。そんな展覧会だなーと。


いやーーー。子供の頃に山口晃展に出会えるなんて最高ーーー。


うらやましい。うらやましい。うらめしやーーーー。








どこでもドアで「ハワイ」と呟いた俗物女YUNEMOKO





スポンサーサイト



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR