FC2ブログ

美術館ファッション!といいたいけど、嘘っぱちです!の森アーツセンターギャラリー「大エルミタージュ美術館展」

おはようございます!



今週もはりきっていってみよっーーー。


なんて、もう!金曜日だよ!マジかよ!




ああ。

秒で毎日が過ぎていく!




と嘆きつつ。




さあ、本日は美術館ファッション!


なのだけど。

写真ぶれちゃったから

とりあえず。





今の自前アップしとこ笑


そのうち、本物にかえときます笑




ってことで、先に内容やっちゃったけどさ。








はーい。


森アーツセンターギャラリー「大エルミタージュ美術館展」
erumi



もう、すっかり終わっちゃったんだけどさ。


でもまあ、7月から名古屋の「愛知県美術館」でやるづらもんね。



さあ、次どこ行こっかなー。












つづく。




雨でもサンダルなYUNEMOKO


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

ぎゃー!みんなに隠れてチューしとるで!の森アーツセンターギャラリー「大エルミタージュ美術館展」

おはよーございます!




なんか昨日の愚直、心配かけちゃった皆様

すみません!


えへへ。

ぶりぶり元気にやっております!




そして、まさかの


思い付き弾丸大阪!



いっさい美術館とか行けなかったけど。


どーしても逢いたい友達がいて、


しかも明日から海外に帰っちゃうっつうから




えーーーい。




ふふ、ショーウィンドゥでちょっとだけ

アートを楽しむ!










さ、本日最終章。



森アーツセンターギャラリー「大エルミタージュ美術館展」


ジャン=オノレ・フラゴナールとマルグリット・ジェラール《盗まれた接吻》
エルミタージュ


いやーーーん!


ちゅーしとるで!



ふいに引き寄せられて!って感じだけど。

いや、きっとそうなんだろうけど。


彼女の身を任せ感から、親しいんだっちゅうの判るわ! 

パティ-の最中かなんかで、

他の人にバレないように。的なやつか!



盗まれた接吻ってあるけど、既に心は盗まれてますー。ってか!


と、オヤジ風に突っ込みたくなるわ。



ちなみに、これジャン=オノレ・フラゴナールとマルグリット・ジェラールが一緒に描いてるんだねー。






でね、お次の第6章


ドイツ・イギリス:美術大国の狭間で



おー、ついに登場。

ルカス・クラーナハ《林檎の木の下の聖母子》
エルミタージュ




このマリアとキリスト。

美女とイケメン。


マリア様、こうやってみるとクールな感じだけど、


実際は髪の毛の質感とか肌の色とかで温かい印象を受けたよ。




トマス・ゲインズバラ《青い服を着た婦人の肖像》
エルミタージュ




これ、肌の白さと青いドレスで、全体をぱっとみた時ドキッとしたんだけど、

頬がピンクなのですごく顔に目がいく。

なにか言いたげな表情。



なんだろねー。





少女と女性が入り交じったような。


ふふふ。




この展覧会、もう少ししんどいかな?と思ったけど、


案外見やすくて楽しかった。



入ってすぐの





女王さまは写真とれるし。





今時な感じに、さぞ驚いてることだろうー。


そのちいちゃいの何なのー?とか思ってたりして笑




さ、次はどこへ行けるかなー。




どこでもドアほしいyunemoko

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

下世話だったり、愛溢れたり、の森アーツセンターギャラリー「大エルミタージュ美術館展」1

日曜はバタバタ、昨日は昨日でなんだかしおれちゃってさ、夜にはもー何も出来ねぇ!状態でバタンキュー。



ふふふ。でも、しつこく生きていく!ってことでの



めがね。

しおりだけどさ。


続いております


森アーツセンターギャラリー「大エルミタージュ美術館展」


4章
スペイン:神と聖人の世紀
 

やばい。

フランシスコ・デ・スルバラン《聖母マリアの少女時代》
エルミタージュ




疲れたあたいの心ゆさぶる!

マリアの少女時代なんて始めてみたよ。



それからこっちも!



バルトロメ・エステバン・ムリーリョ《幼子イエスと洗礼者聖ヨハネ》
エルミタージュ


幼いイエス(左)と抱き合っているのはヨハネなんだって。


この抱き合い方いいでしょー!


ちなみに、子羊はやがて十字架につくイエスの、左手のリンゴかな?これも楽園のアダムとイヴが犯した「原罪」と、これを償ったイエスのシンボルなんだって!


そう。

案外イエスまみれ!

 
でね。




第5章
フランス:古典主義的バロックからロココへ


ぐふぁふぁ。


アントワーヌ・ヴァトー《困った申し出》
エルミタージュ

わかるだろうか?

いけいけなメンズに、若干引き気味の女の人。

うーん、もうひと押しかな?

案外強引なの待ってるかもよ?



なんて思いながら(笑)




ジャン=バティスト・シメオン・シャルダン《食前の祈り》
エルミタージュ


あわわわ。


何だか、下世話な自分を恥じた!



ごはんを前に手を合わせる女の子。後、お姉ちゃんかな?

何より二人を優しく見つめるお母さん。


大事なもの、ここに全部あるね。



と心を入れ換えたとたん!!!





あーーーー。









母でも子供でもあるけれど、どちらも不完全体YUNEMOKO


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

おい、そこいちゃつくな!でもってクレオパトラやるよねー!の森アーツセンターギャラリー「大エルミタージュ美術館展」

おはようございます!


さあ、本日もがんばんべ。

ってことで、続いております。



森アーツセンターギャラリー「大エルミタージュ美術館展」



第3章 フランドル:バロック的豊穣の時代


ピーテル・ブリューゲル(2世)(?)《スケートをする人たちと鳥罠のある冬景色》
エルミタージュ

お、ブリューゲル!

バベルの塔展とはずいぶん印象が違う!



でね、この章面白いのがさー




ペーテル・パウル・ルーベンスと工房《田園風景》
エルミタージュ



何が田園風景じゃ!


エルミタージュ

ん?

女性は嫌がってんのかな?

この顔じゃ判断つかない!


と思ったら

エルミタージュ

まんざらでもなさそう!(笑)

田舎でいちゃついとるんだな。




でね。

ヤーコプ・ヨルダーンス《クレオパトラの饗宴》
エルミタージュ


これ、クレオパトラにまつわる伝説なんだと。

クレオパトラは世俗の財宝、富には頓着しないってことを見せるために、

高価な真珠の耳飾りを外してそれをワイングラスに入れて溶かし、そのワインを飲んだという伝説。

エルミタージュ



ああ、下にいる犬が「勿体なくね?」って顔で見てる。


このオヤジは

エルミタージュ

「やるよねー!」的な?



この作品、よく見ると面白いんだよー。

ダーフィット・テニールス(2世)《厨房》
エルミタージュ


なんか、様々なところでいろんな出来事が起こってる!
エルミタージュ
エルミタージュ
エルミタージュ

ね!





でね。


次の章に進むと。






続く

クレオパトラの真珠、お腹に入ってどーなった?が気になるYUNEMOKO


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

ごめん。君のことは好きになれない!の森アーツセンターギャラリー「大エルミタージュ美術館展」

おはよーございまず!

昨日結局写真がアップできなかったのが今朝ようやくできたー。

ってことで、文章昨日のまんまだけど・・・。


---------

こんばんはー。


なんだかブログの調子が悪い。

せっかく今日はブログせっせと書こうとしてたのにさ。


と愚痴りつつ。





さあ、行ってきました!



森アーツセンターギャラリー「大エルミタージュ美術館展」


エルミタージュ美術館ってさ、初めて知った。

エルミタージュ



めっちゃ綺麗!

お城やん。



ああー、死ぬまでに行ってみたし。





でね。


1章 イタリア:ルネサンスからバロックへ


そんなエルミタージュの主でもある



ウィギリウス・エリクセン《戴冠式のローブを着たエカテリーナ2世の肖像》
エルミタージュ




この人がフランス語で「隠れ家」っていう意味の「エルミタージュ」を作ったんだって。

作ったっていうか、美術品見せる部屋をそう呼んでたらしいんだけど。


でねでね。



ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像》
エルミタージュ

この人、ティツィアーノ・ヴェチェッリオの恋人だとかそーでないとか。

なんか、ガッチリ体型に親近感(笑)




それから、生で見たらよかったよー!の

ポンペオ・ジローラモ・バトーニ《聖家族》
エルミタージュ


下のヨハネ。イエスの足なめてる?




それから。


2章 オランダ:市民絵画の黄金時代


フランス・ハルス《手袋を持つ男の肖像》
エルミタージュ



この男性、ああ、ごめん。

何だか、偉そうで脂ぎっていて。

見た目で行っちゃなんだけど、好きになれな-い笑

って思わすくらい、この絵からにじみ出る、なんつうかリアル感!




反対に。

レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン《運命を悟るハマン》
エルミタージュ

この真ん中のハマン。ペルシャ王の右腕だったのに、ユダヤ人が嫌いで。

王妃がユダヤ人だったことから王様の機嫌をそこなって殺されるっつうところ。

この、すべてを諦めたような表情。

この後、腹をくくる瞬間が訪れるのかな。


何というか、この表情ずっと見てられる。






ピーテル・デ・ホーホ《女主人とバケツを持つ女中》
エルミタージュ

穏やかな風景。

今晩の夕飯何にします?なんて声が聞こえてきそう。




でね。



次の第3章に進むと!

おおおお。




遠い未来、
自分の写真見て「好きになれない」
なんて言われてたらへこむくせに!のYUNEMOKO




にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

まさかのちょい書き~!森アーツセンターギャラリー「大エルミタージュ美術館展」

こんにちは!&お久しぶりっす。


雨スゴいわー。




なのにバッグが閉まらなかった(笑)


足元はばっちりなんだけどさ。








って、なんのつぶやきだ!



ちょっと最近ブログ書けてなくて、

本日もちゃんと書けそうにないから、ちょい書き。


行ってきました!



森アーツセンターギャラリー「大エルミタージュ美術館展」
erumi


えへ。

はやく書かないから

もう、東京は終わっちゃったんだけどさ。




でもまあ、7月から名古屋の「愛知県美術館」でやるづらもんね。



でねでねでね。


中入るとさー。




ほおおおお。




と、まさか何も書かずに




つづく(笑)




エルミタージュってロシアの美術館。しっとるけ?のYUNEMOKO


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

超おすすめ!売り切れる前にゲット!ブルータスの「人気画家・山口晃の死ぬまでにこの目で見たい西洋絵画100」

こんにちはー。



さあさあ、またまた週末。

早いよねー。毎日。


溜まった洗濯物たたまなきゃなー。




さあ、そんな今日はふふふ。


山口晃氏が大好きな方必見!!!



皆様急いでお買いになってーーーー!!!

永久保存版。





「ブルータス 人気画家・山口晃の死ぬまでにこの目で見たい西洋絵画100」


ひゅーひゅー!





なーーーんて、得意げに書いとりますが、

コメント欄で教えて頂いて、即効アマゾンでポチしたのはこの私。


へへへ。

あざーす!



でね、これめくると





すぐさまこのヴィトンの広告。

お、あーと繋がり(笑)

モナリザは100に入ってるのかねー?



まあ、この雑誌、読みごたえ満点!



作品が見開き何ページにも載っていて。



それぞれにコメントが!






すごい!

100もこの調子で書いてるんだろうかー



なんて思ったら





ちゃーーーんと、

そんなん出来るか!的なコメント(笑)



よし!お酒と共に、楽しもうっと。



海外、奥さまも一緒に行ったみたいねー。

山口さーーーん!にぎやかしに私も是非!YUNEMOKO
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

お天気のいい日は外で絵本を読むのもいいよね!の世田谷美術館「エリック・カール展」

おはこんにちはー。


いいお天気じゃ!



さあ、本日最終章。





世田谷美術館「エリック・カール展」


第2章 エリック・カールの物語




ここでは若い頃に影響を受けたアンリ・マティスやパウル・クレーの作品や

絵本作家でエリックカールを見出してくれたレオ・レオニの作品なんかも。



最近思うのは。

自分が尊敬する人との出会い・・・。それは作品やなんかでもいいと思うんだけど。

そういうのを自分の中に持ってるかどうかが大事な気がする。


迷った時に立ち戻れるっていうか。




エリックカールもそんな事思ったりするんだろうか?


なんて思いながら見たのは

尊敬するパウル・クレーにささげられた作品。


天使
ka-ru




なんか、ゆるかわいい!(笑)





でね。

好きなのはこの作品。




えを かく かく かく
ka-ru




なんかね、他の作品もそうだけど。

綺麗なだけじゃなくて、何色でも自由に描いていいんだなーって。




大丈夫だよ。って言ってもらえるって、

すごく自由になれる気がする。





それから、この作品。

巨人(ジャイアント)に きをつけろ!
ka-ru


巨人から逃げる子たちなんだけど。

巨人がかわいい(笑)


ふふふ。





ああ、これも言いたい!

次の作品。



どこへいくの? To See My Friend
ka-ru





これね、前からもううしろからも読める絵本で。


男の子と女の子が絵本の真ん中で出会うんだよー!!!





懐かしい!やら楽しい!やらに囲まれて出口へ。

で、確か入ってすぐに子供たちの声がさわがしくないなと思ったんだけど。



何となく子供より大人向けだった気がする。


作品の飾られている高さとか。




絵本も出口に置いてあるんだけど、大人がパラパラと見れるようになっていて。



私としては、子供たちがゆっくり座って

目を輝かせながら絵本をめくる、そんな風景と共にこの展覧会楽しみたかったな。


賑やかな子供の声が聞こえた方が

遠い日を懐かしんだり思い出したりできたかなぁと。



あ、ちなみに

グッズ売り場大盛況。



まあ、そうよねぇ。


天邪鬼なのでなーーーんも買わなかったけど(笑)






さあ、次回は美術館ファッション!かなー。



絵本めくる音っていいんだよねー。

最近新しい絵本見てないなぁ。のYUNEMOKO





にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

初公開!そして本人には秘密の顔出しだ!怒られても知らんぷりだ!の世田谷美術館「エリックカール展」

こんにちはー。


さあ、昨日からの続き。


世田谷美術館「エリックカール展」






子供たちが沢山いたけど、そんなにうるさくなかったな。



昔話とファンタジー


ここでは。


「プレッツェルのはじまり」

eriku


初めて見た作品だけど、美味しそうでワクワクした。




これも好き!


「ゆめのゆき」

eriku


おじいさん、と書いてあるんだけど。

そーやってもサンタ(笑)

でも「おじいさん」




でね。


家族


お父さんシリーズ。


「とうさんは タツノオトシゴ」

eriku



なんといってもコレ!




「パパ、お月さまとって!」

eriku

ああ、これ何十回も読んだなぁ。

懐かしいなぁ。


広げてみるページは破れちゃって、セロテープで貼ってたなぁ。

とか、思い出したりして。




この展覧会、原画を見れる喜びもあるけど、

なんといっても「懐かしい」を楽しめる。



この絵本、まだあったかな?




と思わずガサゴソ。





かなり減らしたけど、どうしても手放せない絵本たち。




でね。




残念ながらなくて、はらぺこあおむしを手に。



あ!思い出した!


多分これが私のコラボの原点!

あおむしTシャツーーーー。



って事で、初公開!



うう。これ、バレたらえらいこっちゃだけど。


ええーーーい。まあいっか。

ダマでこっそり出しちゃおうっと。




ちろっと。








えへへ。

わかるかな?








ゆるい。

今見るととってもゆるいけど。


背中に小さくちょうちょを入れてたなぁ。




なんて、作品見ながらぶわーーーーーと過去にトリップ!





おおおーーーー。




つづく。






過去があるって幸せなんだね。と知った今日は、カール記念日(笑)


たわらYUNEMOKO



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

あの日に帰りたいな気分の世田谷美術館「エリックカール展」

ヤッホー。


今日はお天気悪しな雨だねー。





にしてもこの時期は紫外線ヤバし。



そんな最近の必需品。




そう、この2点。


飲む日焼け止め&こちらのスプレー。



このスプレー、良いのが




石鹸で落とせるのありがたい!

いやーーー、ありがたい!



と声を大にしたところで

行ってきました!


世田谷美術館「エリックカール展」






いやーーー。


週末だっかたらか大混雑。




中に入るとずーーーと列になっていて。



もちろん親子連れ多し。



そうだよね。

絵本真っ最中だもんね。というキッズたちでいっぱい。




第1章「エリックカールの世界」では・・・。




動物たちと自然

「こぐまくん こぐまくん なに みているの?」
ka-ru



うんうん、文句なくかわいい。


この親子がね、

この作品をみてる親子とリンクして


見合ってるねーとほほえましくて。



でお次の







さあ、ここではそう!お馴染みの

「はらぺこあおむし」
ka-ru

ka-ru


いやーーーん。なつかしい!!!


何度も読んだなぁ。

と、遠い目。


あとね、


これ初めてだった!


「やどかりの おひっこし」
ka-ru





でね!でね!



知ってるかなー?





つづく




絵本には絵本の思いで。YUNEMOKO












にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR