FC2ブログ

おめぇ、めんどくさい男だなーと言いたくなる!東京都美術館「ボッティチェリ展」

こんにちはー。

今週も一週間始まりましたねぇ。




我が家に新しく来た珈琲メーカーちゃん。

豆から挽けるのがお気にいり。

4杯しか入れられないけど、そこは目をつぶって。


朝からご機嫌!





さあ、そんな本日は


東京都美術館「ボッティチェリ展」
おすすめ



美術館ファッションは後日にして。


去年の5月頃、Bunkamuraザ・ミュージアム


「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」展で初めて見た


ボッティチェリくん。 






入ると・・・




おおきなワイン色の部屋が広がって。


一番最初にお出迎えしてくれるのはこれ。


サンドロ・ボッティチェリ 「ラーマ家の東方三博士の礼拝」

ボッティチェリ



新約聖書の有名な「東方三博士の礼拝」。

ユダヤの王をさがして東方からやって来た三博士(マギ)たちは、黄金、乳香、没薬を携え、イエスの誕生を祝福した。というもの。


このテーマの絵、宗教画でよく見るけど

この作品が面白いのは。


この作品、両替商組合の仲買人であったガスパーレ・ディ・ザノービ・デル・ラーマという人物からの注文で制作下らしく。

もともとはフィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂に置かれていて。

サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂
現在のサンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂(Wikipediaより)




でね、この中の数人は当時実際にいた人物の肖像画になってるらしく。

ボッティチェリ



左下、馬の横の・・・

エンジ色の服で胸を張った男性は、ピエロ・デ・メディチの長男ロレンツォ・イル・マニフィコか、次男のジュリアーノの肖像らしい。




で、聖母子の一番近くで跪く老年の博士は・・・

15世紀前半にメディチ家の全盛時代を築いたコジモ・デ・メディチ(イル・ヴェッキオ)だとか。




壮年、青年の博士たちは・・・

赤いガウンの博士はコジモの長男ピエロ・デ・メディチ、その横の白衣の博士は次男ジョヴァンニ・デ・メディチと。




黒衣の男性・・・

思慮深くうつむく黒髪の男性は、ピエロ・デ・メディチの長男ロレンツォ・イル・マニフィコか、次男のジュリアーノの肖像と。




でね。この人が・・・



注文主ラーマ。

よく見ると、自分の事指さしているの。



で、一番右端。



これが、作家ボッティチェリ自身なんだって!




でね。

私からしたら、自分の家族を絵の中に入れるのは判るけど。

何で他人さんの一族をわざわざ絵に?

なんて思っていたら・・・。



注文主ラーマは、わざわざ「メディチ家に寵愛された画家ボッティチェリ」に制作を依頼して、

絵の中に時の権力者「メディチ家の肖像」を描き込ませることで、

自分自身のステイタスを示そうとしたんだってーーーー。





当時の男って。。。



めんどくさい。






そう思ったの私だけ?






でね。




この次に・・・。









つづく。








まさかの1作品で続くなんて自分でもびっくり!のYUNEMOKO


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

グッチも!マックスマーラも!アートなアートな高級バッグが欲しいよ!買いたいよー!

おはようございます!



早速ですが・・・。




買う買わない、いや、買える買えないは別として。


アートなバッグを猛烈に探しております!




まずは昨年11月に限定発売されたこちら!

Delvaux(デルヴォー)
1829年ベルギー・ブリュッセルで誕生した世界で最も古いラグジュアリー レザーグッズブランド。



見て!


maguritto

マグリットにオマージュを捧げたコレクション「デルヴォー アンド マグリット(Delvaux and Magritte)」なんだって!


以前行ったマグリット展も楽しかったー!

マグリットマグリット


そんなマグリットの

maguritto

財布や!



maguritto

スカーフも!


限定だからすっかり売り切れちゃっただろうか・・・。






他にも


2015年6月中旬に限定250個で発売された

MaxMaraのホイットニーバッグ!

maxmara


maxmara



これ、新しくなったホイットニー美術館(NY)の建築家、レンゾ・ピアノ とのコラボだとか!!


maxmara
こちらが新・ホイットニー美術館



これも限定だもんなー。





という訳で。


今ならまだ買えるかも!

2016年2月3日(水)

GUCCIの2016年春夏メンズおよびウィメンズコレクション

「グッチ ティアン(Gucci Tian)」をフィーチャーした新しいカプセルコレクション !!!


guccigucci
295,000円+税、198,000円+税

gucci
ウォレット76,000円+税、カードケース 27,000円+税

gucci
シューズ 86,000円+税





まるで屏風から飛び出してきたような!!!

値段も買えそうなものある!カードケースとか!!!




で。


これ持って

4月に開催される

若冲展なんて行ったら。。。




jakuchu



ばっちりじゃねーーー?




ふふ。


ふふふ。




ちょっと見に行って来よう!

さあ、物欲に勝てるか否か・・・。

乞うご期待!





カバンは無理だよなー。そうだよなー。のYUNEMOKO


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

日曜まで!なんと!今話題の「書き時計」:Plock(プロック)も見れるぞ!の東京都美術館東北芸術工科大学 卒業・修了展

おはようございます!



自分の為のお弁当って気合い入らないー。


これプラス菓子パン的な。

お弁当箱にも入れず、タッパーだし!



まあ、かぁ~ちゃんなんてそんなもんです。


というわけで。


昨日で東京都美術館「都美セレクション 新鋭美術家 2016」展


は見終わったんだけど。



なんてったって



最後がすごかったので



「針の雨の降る中、未だなにかを見ようと眼を見開いている」
20160226103135927.jpg

これ。



ちょっと気分を変えるため




同じギャラリー内でやってた


東北芸術工科大学 卒業・修了展(東京展)ギャラリーA





これに行ってみることに!




入ると





これ、着てても裸っぽいなー。

ぷぷ。



でも、何だか人肌恋しかったから

良かった!








なんだろー。


この丸み!癒される!



あ、


アシカっぽい!








えーと、これは何ですのん?






何か軟体系。








ちっちゃいジャングルジムみたいな。




でも近くでみると

迷路のような迷宮のような。






ウーパールーパー?




はい。こんにちはー。




他にも。




おい!君!

下半身どうした?








手と、床に散らばった花びら。










真っ白なバージンロードのようなウエディングドレスのような、ふかふかのシーツのような。



でもって。

勢いのある!




ヒヒーーーン!


躍動感が半端ない!







の後ろに人だかり!







わかるかな?



左奥!










この白熊ちゃんの奥!

ちょっと白クマちゃん窮屈そうだもん!




でね、ここだけ写真撮影が禁止なのだけど。




実は

ネットで話題になってる「書き時計」が展示されてるの!

kakidokei

これ!


今回の卒展は芸術学部美術科(日本画・洋画・版画・彫刻・工芸・テキスタイル・総合美術)の作品の展示らしいんだけど。


プロダクトデザイン学科の4年鈴木完吾さんのこの作品

「書き時計」(正式作品名:Plock[プロック])だけは特別展示。



ご本人のTwitterで動画も見れる!( ☆彡



時間ごとに本人がデモンストレーションしてたよ!

10:30-10:45、11:30-11:45、12:30-12:45
13:30-13:45、14:30-14:45、15:30-15:45
16:30-16:45(予定)



この作品以外にも、面白いものがいっぱい!

今まで卒展って行ったことなかったけど

勢いがあって楽しいもんなんだねー。




若いっていいわー。

と、つい言いたくなること間違いない!







よぉーし、若いもんにゃー負けてらんねぇ。



って一体何頑張るんだ?のYUNEMOKO






にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

唐揚げ食べる予定の方はご注意を!こわい?かなしい?気持ちがぐるぐるぐるぐるーの東京都美術館「都美セレクション 新鋭美術家 2016」展

おはようございます!




昨日からの続き(☆彡

東京都美術館「都美セレクション 新鋭美術家 2016」展
20160223223503836.jpg

これからの活躍が期待される新鋭作家さんを個展形式で紹介する展覧会らしいのだけど。



お次は。


武田司さんのコーナーへ


目に飛び込んでくる美女。




素材のところに錆漆レリーフ、螺鈿、蒔絵ってあった。


ネットで調べたら。


錆漆(さびうるし)レリーフ・・・錆漆(さびうるし)は水で練った砥粉(とのこ)に生漆(きうるし)をまぜたもの
                  レリーフは美術の技法で、浮き彫り、または 浮き彫り細工。

螺鈿(らでん)・・・漆器や帯などの伝統工芸に用いられる装飾技法のひとつ。貝殻 の内側、虹色光沢を持った真珠層の部分を切り出した板状の素材を、漆地や木地の 彫刻された表面にはめ込む手法

蒔絵(まきえ)・・・漆工芸技法の一つである。 漆器の表面に漆で絵や文様、文字などを 描き、それが乾かないうちに金や銀などの金属粉を「蒔く」ことで器面に定着させる技法

なんだって。


ほとんどがこれらで作られているんだけど。






継がれゆく刻



何というか、美しい。

そして柔らかい。





あ、これ。






水の中なのか空中なのか。








飛ぶというより舞うような鬼たちがかわいい。




でね。こちらも!







身に着けた羽根のようなものの美しさ。




ちょっと誇らしげな表情。



彼らにとても愛情を感じる。


私、この人の鬼好きだわー。







空がね。

青くて。


でも遠くて。





憧れるようにのぞき込むこの姿。

きゅーーーん。





で。


振り返ったところで。

戸田麻子三の作品。



覚めないゆめ



近寄れない。

覚めないのは、覚めたくないのか覚めたいけど覚めれないのか。




沈黙





暗い草むらで裸で横たわったる女性。

ねえ、何のために?

なぜ?

と頭でぐるぐる。



そしてこの2作品。




終わり、または始まり




終わり、または始まり




ひぃーーーー。


こわい。


十字架に鶏。

この姿。

近くでみるのはとても勇気がいる。






そして、何よりこれ。





針の雨の降る中、未だなにかを見ようと眼を見開いている




うわーーーー。




194 × 162で大きな絵。



この大きさで迫ってくるような

突き刺さるような絵。








下のの女性が上の人の体内から突き破ってきたのか

それとも中に入り込もうとしているのか。

なぜ白いワンピースで

なぜ汚れていないのか。



こわい。

けど、こわい、だけじゃない。

悲しい?

見ていて悲しいというのとも違う。




・・・。





答えはでないんだけど。





何となく残る作品。






で。


ここで、この展覧会は終了!








はぁ。

このまま帰ったら夢見そうだよー。

しかも今晩のおかず唐揚げの予定だったし。





さてどうするか・・・。








展示会場も暗いもんだから

トイレ行くのもビビっちゃうよーのチキンYUNEMOKO






にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

こんな日があってもいいじゃない!なんだろな。そこにいるだけでふわっと「別世界」に入り込む。東京都美術館「都美セレクション 新鋭美術家 2016」展

こんにちはー。


さあ、行ってきました!



東京都美術館「都美セレクション 新鋭美術家 2016」展






入口入ってすぐに飛び込んでくるこの作品。


花澤洋太 《もり》



大きくてデコボコしていて。デコボコっていうか、ヒダのようにも感じる。


でね。

「もり」っていうタイトル。


よくわからないけど、じっと見ていると

黄色い部分はキリンに見えてきたり。




なんて思ってると。







この2作品も「もり」

雪景色のような、秋の紅葉のような。



そう、「もり」三部作になってるようで。



よく見ると縁までちゃんと塗ってある。





でね。

その後ろを振り向くと。



ずらーーーーーーっと並ぶ西村大喜三の作品。







「Inochi」




ちょっと「えっちい」感じがする。



こちらは


「sora」


アメーバーのような雲のような。




でね、これは


「新芽」


一瞬ピーナッツのような、お尻のような。


でも、しゃがんでこの位置から見ていると



人の顔のようにも見えて。

うつ伏せになっていて、奥はやっぱりお尻か。



「here」


うわーーーー。

なんだろ?これ!


舌のような。



真ん中のシワは腕曲げたときに内側に出来るシワのような・・・。



見ても見ても不思議な作品!



で、その反対側に。



森美樹 さんの作品のコーナー。



「うてな」と「無垢」


姿


はたて


十月の贈り物








どの作品見ても、不思議と思うんだけど。



ここどこだろう。



日本?

アジア?

いやどこにもないような気がする。



こう、見ていると胸がざわざわする。



現実にある場所じゃない。

理由はないんだけど、そんな気がして。

でもって、チクチクする。






あーーーー。





でも。





さらに。






つづく。





さあ、現実に戻ろう。昼飯だ!のYUNEMOKO




にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

美術館ファッション!疲れたときはビタミンカラーをセレクト!元気がでるファッション!都美セレクション 新鋭美術家 2016

おはようございます!


毎日毎日、眠ーい。

そして、寝ても寝ても疲れが取れないっ!



花粉のせいか、それともただの老化か。

そこはオブラートに包んでおいて・・・。



さあ、本日は美術館ファッション! 



テーマは。


「疲れたきはタミンカラーをセレクト!元気がでるファッション!」





というわけで。



じゃじゃーーーん。






嫌でも元気になりそうな



THE!黄色!




ってか、パワー出すときっていつも黄色にたよっとるなぁー。


そして、今回はさらに

元気を出すにゃーこれでしょ!の短パン!




せめてショートパンツくらい言えって?





とどめはえーーーいスニーカーだ!




って、何だか小学生男子のような感じ。


ダウン:ZARAkids(boys)(¥6~8000?)
ニット:ギャップアウトレットで¥2500位
Tシャツ:しまむら
ショートパンツ:ユニクロ(数年前¥1900位)
トートバック:HERMES(10年程前の海外土産)
スニーカー:adidas なぜかセールになってた¥10000)

あ。これにブルーグレーのタイツはいとります。





さあ、行って来たのはこちら。




東京都美術館「都美セレクション 新鋭美術家 2016」展



今回のファッション、

このチラシの黄色に完全に影響をうけとります!



でね。

新鋭美術家って書いてあると、

毎回ちょっと緊張する。





当然私なんかは全く知らない人ばかり。

知らない人の作品って期待と不安でドキドキ。


むふ。

何でも「初めての出会い」ってそうよね?



で。

中へ。







うわーーーー。




すごいね。






だって、この・・・。











続く。






花粉がひどくなってきたので、マスクメガネ女のYUNEMOKO



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

うまくいかない日もあるさ!でもまさかのそんなーーーー!な新宿ルミネ様!「LUMINE meets ART AWARD」

おはようございます!




久しぶりにゴディバのフレーバー珈琲のみたくて買っちゃった!


家族がみんな出掛けたらこっそり飲もー。




で、昨日からの続き! (☆彡


新宿のルミネでふと見つけた

「LUMINE meets ART AWARD」



昨日何だか中途半端に終わったなぁーって思った方、



正解!




実は…




この展示見た後すぐ帰宅して・・・。

自宅でルミネのホームページ見たら!



こちらから☆彡





このグランプリ作品以外にも

他にも受賞作品が一杯!







おお。


こりゃ他のも見とかねば!




ということで、昨日の夕方に大急ぎで新宿へ。




マップをゲットして。


よし!まずは昨日の続きでルミネ2から攻めるか!







まずはゲストアーティストの舘鼻 則孝さんの 「JUNK SILVER INSTALLATION 」



透明な空間の中に




まるでシンデレラのガラスの靴のよう!


で。


お次は準グランプリ作品。





タムラサトルさんの「恋マシーン」


機械は何か仕事をするためにありますが、この《 恋 マシーン 》は、何も仕事をしません。
ただ、恋という形に動くだけのナンセンスな機械です。


だって。

ふふ。面白い!

人が多かったから撮るの難しかったけど


rumine

実際はこんな感じ。





で。


風間 天心 さんのEbb – Ripple 【エブ リプル】 の場所に行ったら。


20160222133139984.jpg


ありゃ?昨日言った場所。


本当はこれが見れるはずだったんだけど。

rumine



まあ、そんなこともあるよね!ってことで。


次なる場所へ。


マップを見ると







おお、ロータリーの辺りね!


ってことでいそいそ。





ん?




ここだと思うんだけど。




と、しばらく待っても。



こんな感じ。




うーん。



本来ならこうなってるはず。

rumine

rumine


ね!

場所は間違ってなさそうなのになぁ。


なんてウロウロしている間に時間が!



よぉーし!


じゃあお次はここ!






エレベーターなら確実に見れるもんね!

よーーーし、ルミネ1へ急げーーーーーー!!!






と駆け足で。






ついたーーーーー!!!













あれ?



何だか様子が。








え・えええーーーーーー!?








まさかの休刊日!



ちーん。

…エレベーターだけにちーんってか。


rumineruminerumine



rumine
rumine



rumine
rumine



という訳で。


休館日にはお気を付けあそばせ!






ちくしょー。



新宿行った際はリベンジだー!








その時間に美術館へ行け!って自分でも思うのよのYUNEMOKO


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

ファッションビルもアートだ!忙しくっても時間がなくても、ほんのちょっとでも!オシャレとパワーをくれる!LUMINE meets ART AWARD

こんにちはー。


月曜日!


今週もはじまりました!!!







もうね。

バタバタと毎日が過ぎていくーーーー。


ああ、すぐにでも美術館にこもりたいけど、

そんなしょっちゅう行くわけにもいかず。








そんな時は






ふらっと見つけたファッションビルのディスプレイに癒される!










街中の落書きにだって癒される!








でね!





これ!








通り抜けしようとしたファッションビル!








誘うようなその手!

うはうは。






今、私の脳内では君と同じポーズしてるよ!






ちょいピンがあまいけど。その腰!ほそっ!





う、うおーーーー。




お洒落なファッションにめっちゃ気になるその格好!

ニマニマがとまらん!





いや、さらにニマニマにさせられる!




はだかーーーーーー。


は・だ・か!!!

※水着姿はハダカとみなすお年頃




と。大興奮してたら。



LUMINE meets ART AWARDっていうルミネのアートコンテストのグランプリ作品だったみたいで

飯沼 英樹 さんのde Lempicka 【ド・レンピッカ】 という作品だった!




で。調べたら・・・。




ほかの場所にも他の受賞作品が!!!








行くよねー。





見るよねーーーー。








ってことで




つづく。





ファッションビルにショッピングに来ているかわいこちゃんが大好物です!のYUNEMOKO


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

こんな馬車に乗ってお出かけしたい?春物のお買い物のついでに。の東京国立博物館「始皇帝と大兵馬俑」展

こんにちはー。


雨止んでよかったぁ。



近頃春物に目がいく。






春はピンク系も可愛いなぁ。

ふらーっと買い物にでもいくかな。




という訳で。



本日最終日の

東京国立博物館「始皇帝と大兵馬俑」展





※この後九州と大阪に巡回
九州国立博物館     2016年3月15日(火)~6月12日(日)
大阪・国立国際美術館 2016年7月5日(火)~10月2日(日)





2 始皇帝の実像 発掘された帝都と陵園

「皇帝」になった始皇帝がすごい!

heibayou
Wikipediaより


取水口・L字形水道管・水道管
戦国~秦時代・前3世紀
heibayou


当時、水道管があったとは!

日本は弥生時代!



両詔権
秦時代・前3世紀
heibayou



天下統一の後、これで重量単位を統一したんだって!




で。やっぱり何よりも凄いのはこれ。



3 始皇帝が夢見た「永遠の世界」 兵馬俑と銅車馬

兵馬俑って始皇帝の軍馬と兵隊を陶器で再現したもの。



1号銅車馬(写真左)、2号銅車馬(写真右) 
heibayou

展示されてるのは複製だったけど。

これ実物の半分のサイズなんだけど、すごく細かい!


heibayou

見て!漫画キングダムにも!!!

快適なのかしらね?


一度乗ってお出かけしたいなぁ。

なんか身体中で車輪を感じそう!




でね。


兵隊たち。




将軍俑(百戦錬磨の武将)
秦時代・前3世紀
heibayou


歩兵俑(軽装備の戦士)
秦時代・前3世紀
heibayou



立射俑(動きやすい軽装備の射手)
秦時代・前3世紀
heibayou


軍吏俑(重装備の兵)
秦時代・前3世紀
heibayou


跪射俑(鎧を着た重装備の弓兵)
秦時代・前3世紀
heibayou



これ、前から後ろから・・・。

どっからでも見れるようになってます!


20160220075934334.jpg
20160220080202183.jpg


キングダムの兵士たちに装いも似てる!




ちょっと勘違いしてたのは

私としては・・・。

heibayou

秦始皇帝陵博物院のようにずらーーーーーーーーっと並んでいるかと思ってたんだけど。



そうではなかった。

でも。

一体ずつ展示してるのとは別で

複製が並んでいて

その後ろはパネル?でずらーと並んでいる風にはしてあったよ!



まあ、よく考えたらこんなに持ってこれないか!




でもね。




20160220080407153.jpg



ここ。


写真コーナー。


結構いい感じでしょーーーー。






今から行く方はカメラやスマホお忘れなく!







馬車馬のようには働くぞー!明日こそは!のYUNEMOKO




にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

これを手に「僕はあなたの兵馬俑になりたい!」と言えば彼女はイチコロ?の東京国立博物館「始皇帝と大兵馬俑」展

おはようございます!


もう、雨が降りそうだぁ。

洗濯物たまってるんだけど、

このお天気じゃあ仕方ないよね!

そうよね!


と、「最強言い訳カード」を手にしつつ。



本日は、


のんびりしてたら明日で展覧会終わっちゃうので


色んなものをすっ飛ばして!



東京国立博物館「始皇帝と大兵馬俑」展

※この後九州と大阪に巡回
九州国立博物館     2016年3月15日(火)~6月12日(日)
大阪・国立国際美術館 2016年7月5日(火)~10月2日(日)





で。早速。

展覧会の内容の前に

オススメグッズご紹介!


ホワイトデーのお返しにピッタリのこれ!

好きな子の告白にはこれ!




じゃじゃーーーん。




兵馬俑チョコ!



キメ文句はもちろん!


「僕はあなたの兵馬俑になりたい!」



・・・。


ええ、歴女や漫画「キングダム」好きな女性のみにしか通じません。



普通の女子に渡したら、

「はぁー?」と言われること間違いなし!




あ、キングダムと言えば。



会場出口で





これ貰えるよー!

1話まるまる載ってるらしい。


アニメもあるんだっけ?



漫画は41巻まで出てるらしい。




我が家にも少々おりまする。


ちなみに真ん中のロン毛君が小国・秦の王、嬴政 (えいせい)はん。

そう、後の始皇帝。


でも、漫画ではまだなってないけど。


※ちなみに、この漫画はフィクションです






で、展覧会に入ると・・・。








正直、歴史はチンプンカンプン。


日本の戦国時代だってよくわかってないのに。

中国の春秋戦国時代とか言われても、???な私。



(勉強してこなかったツケがまたもや・・・)



1 秦王朝の軌跡 周辺の小国から巨大帝国へ



秦公鐘 春秋時代・前8~前5世紀
heibayou

秦初期の歴史を伝える貴重なもの。らしい。



玉胸飾り 西周時代・前10~前9世紀
heibayou

かつて天下に君臨した西周王朝で身分の高い人が身に着けてたらしく、

春秋時代の秦は、西周の青銅器や玉器にあこがれその多くを取り入れたんだって。




と聞いても、

へー。綺麗だね。ずいぶん昔にこんな繊細なのあったんだ。

程度。









でもね。


でもね。


この後、私の無知を助けてくれたのがーーー。



















そう!

漫画!





どちらも詳しい方はおわかりでしょうがーーーー。








ほら!






と、いいつつ続く。






兵馬俑(へいばよう)も読めなかったのは秘密のYUNEMOKO



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR