FC2ブログ

笑って笑って、最後はじーん。お笑い好きなあなたも、そうでない君も。の森美術館「村上隆の五百羅漢図展」

おはようございます!





ああ、夢の国はいつもステキよねー。

ただ、ディズニーランドは酒が飲めない!

これ、本当に寂しい!



つい、ディズニーシーに行きがちなのは

何よりも「お酒が飲める」って強みがあるからよね。



と、朝からアルコールの話ってどうなの?

と自分でも思いながらの熱弁!

まあ、日曜だから許してちょ。




さあ!きっと、本日最終章!





森美術館「村上隆の五百羅漢図展」

ブログ記事はこちらから(その)(その)(その



工房システムにちょいと感動した後で


「五百羅漢図」後編。









まずは「玄武」




















もうね。


この個性的過ぎる面々。






まるでグニャっと潰れたような青鬼。





羅漢たちも飛び跳ねてたり。



ふざけてるとしか思えないポーズ。




でね。この巨大な羅漢もごっつい気になるけど





見て!

この







色気!






そして。


えへっ。

で、ここでも気になるのは・・・。




やっぱり鼻毛!




ぼーぼー。











やっぱり





鼻毛。




みょおーーーーん!









反対側の「朱雀」







何だか宇宙っぽい。







そんな中、無重力空間でサーカスでもやってるような感じ。














ここに登場するオヤジ。


違った羅漢。




よく見ると。


犬の模様の着物!



長沢芦雪っぽい!






でね、

この羅漢が好き!





おにぎり握ってるの!




「ほら一個食ってけ!」的な。




でね。

今回。



この4枚の大きな絵からなる「五百羅漢図」

見ていて思ったの。



細かく見るといくらでも細かく、そして発見がある。

でもどかーーーんと大雑把に見ても、その大きさや迫力を感じる。



何というか、人生と一緒。



細かい部分を見つめること、一つ一つと向き合うこと。

丁寧に重ねていくこと。

その大切さやそうすることで生まれるものがある一方で。




広く大きく受け止めたり感じることで見えるもの。




そんなものがいっぱい詰まってるような。




そして、散りばめられた「笑い」。




全く見当違いかもしれないけど。

私はこの作品見て得ると、



BEGINの「 笑顔のまんま」の歌詞や

ダウンタウンの松ちゃん作詞の「チキンライス」

思い出したんだー。




BEGIN「 笑顔のまんま」

辛い時でも 笑ってられる そんなアンタは ホンマにアホや
先の事など考えないまま ペース配分さえ 出来ないで走る

悲しい時こそ おどけてばかり そんなアンタは やっぱりアホや
惚れてふられて また繰り返す 学ばないまま 明日を迎える

だけどそんなアンタを アンタを見てると
なぜか優しい風が吹き抜けてゆく
湿った心は笑いで乾く

笑顔のまんま
笑顔のまんま

そんな人生 生きてるだけで丸儲け








槇原敬之&浜田雅功「チキンライス」

親孝行って何?って考える でもそれを考えようとすることがもう親孝行なのかもしれない

子供の頃たまに家族で外食 いつも頼んでいたのはチキンライス
豪華なもの頼めば二度とつれてきてはもらえないような気がして

親に気を遣っていたあんな気持ち 今の子供に理解できるかな?

今日はクリスマス 街はにぎやか お祭り騒ぎ 
七面鳥はやっぱり照れる 俺はまだまだチキンライスでいいや

貧乏って何?って考える へこんだとこへこんだ分だけ笑いで満たすしかなかったあのころ

昔話を語り出すと決まって「貧乏自慢ですか」と言う顔するやつ
でもあれだけ貧乏だったんだ せめて自慢ぐらいさせてくれ!

最後は笑いに変えるから 今の子供に嫌がられるかな?








ってやつ。



何だろう。

笑いがベースにある感じ。



その楽しさと、だから感じる「ぐっ」としたり

「ぎゅっ」とくるもの。



ここにジーーーンとせずにはいられなかったよ。




この羅漢図の後にも、作品はまだあって

阿弥陀様が出てきたり、

最後には最初に消えたはずのあの人も。。。







ふふ。

誰か一緒にもう一回行かないーーー?












面白いことってなんか切ないんだよねーのYUNEMOKO



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

危険危険!帰れなくなる!そして工房システムって凄すぎる!の森美術館「村上隆の五百羅漢図展」

こんにちは。




雪降らなかったー。


よかったよかった。なんて思いながら、


ふとキッチン見たら。







ん?



取り出してみると。










てるてる坊主?



逆さま!






あはは。



どうやら我が家には雪を願ってた奴がいるな!



ってか、小学生かよっ!


っていうか、そもそも逆さてるてる坊主って


雨降らすんじゃぁーーー?



と、朝から1人大爆笑したところで。





さあ、昨日までの続き。(その)(その




森美術館「村上隆の五百羅漢図展」





さあ!

いよいよ、いよいよ!



「五百羅漢図」に突入していくのだけれど。




その前にこの「五百羅漢図」誕生のきっかけになったという

「芸術新潮」で日本美術史家・辻惟雄さんと連載していたという

「ニッポン絵合わせ」も出ていて。





これは図録からだけど、

こんな風にお題に合わせて作品作ってたのが展示。





そこには、なんと狩野一信の作品も!




増上寺では撮影出来なかったけど、

ここでは撮影OK!

しあわせー。




これ以外にも驚くほどちっちゃい長沢芦雪の作品も見れるんだよーーー。






3.1×3.1㎝!

ちっちゃ!こまか!





もうね。


時間がどんどん過ぎていく!




で。





思わず「ほぉーーー」と声が漏れる!



むふふ。


ついにお出ましの。




「五百羅漢図」




「青竜」












この場で特に細かい説明等は何もないんだけど。


でもね。


すごい迫力に


圧倒される。





巨体な絵巻の中に

取り込まれたような気分。



そして





細部までびっしり。





身に付けている袈裟の模様から。












様々な大きさで様々な場所にいる羅漢。





それから





まるで宇宙の星たちが重なるにして出来た


ドラゴンの瞳まで。
















あ!








これはもしや!

増上寺宝物展示室「狩野一信の五百羅漢図展」で見た


第30幅 六道 畜生
20151213112643251.jpg


に出てきてた!!!
20151213112713767.jpg


20151213112815427.jpg20160130125108470.jpg

同じーーーー!!!






でね。



「白虎」
















お?



これは・・・。








さっきの長沢芦雪のと同じーーー。







で。

見たときはそんなことぐらいしか

わからなかったんだけど。




これ、図録では





わかるかな?

五百羅漢全部をカウントしていて、





しかも、主要人物の説明もある!






さっきのお腹から釈迦だしてるのは十六羅漢の囉怙囉(ラゴラ)ちゅうらしい。







説明と言えば。









制作過程も細かく見れて。










この規模、当然1人で制作したわけではなく。


大勢のスタッフがかかわっているんだけど。

これ、工房システムって言うんだって。


確かに日本でも「狩野派」の人達の共同作品あるし

フィレンツェの画家ボッティチェリ達も工房で大作作ってるもんね!




何だか、「作品は一人で作ってもいいけど、一人じゃなくたっていい!」


そんな事にもど素人の私は衝撃受けて。






衝撃受けつつ、

さらに村上隆さん直筆の直しのペン入れにも衝撃!




「ひでーな」






「きっちりドラマをぶち込め」





「指示通りにやれ!ボケ!」




これ、注意されてる人はたまったもんじゃないだろうけど。

思わずニマニマ。


大昔の狩野派やイタリアの工房でも

同じ様な事あったんじゃないだろうか。



職人の親方と弟子たちの集団。



なんだか時代は変わっても、

職人気質っていうのか

質にこだわる感じがすごくリアルに感じられて。





正直言うと、今までは「○○工房」なんてついた作品を

本人一人で描いていたものと比べて

ちょっと軽く見てたかもーーーー。






で。


気を取り直して見てみると。








うわーーーーーーーー。









まだ。

続く。






ボケ!って言われるどころじゃ済まないだろうなーのYUNEMOKO






にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

この欲望は何だ?何がそこにあるのか?何を持ち帰るのか?の何を森美術館「村上隆の五百羅漢図展」

おはようございます!


案の定のお天気だねー。

でも、花金だし

(花金って・・・ふるーい!でも無性に言いたくなった!)


張り切って行くじょぉー。




あ、春夏のバック。


今季は欲しいのがいっぱい。



アンテプリマ







これはロエベ






ドルチェ&ガッパーナもいいなぁ。




ああ、ここ掘れワンワンってポチ言ってくんないかな?


そしたら欲しいバックがザックザク!




ま、まずポチがいないけどさ。





と物欲にまみれたところで。




昨日からの続き。(☆彡



森美術館「村上隆の五百羅漢図展」
おすすめ









これ、私でも描けそう!



なんて思って近づいたら。








よく見ると。




わかるかなー?





💀ドクロ💀







びっしりと埋め尽くされておりまする。




でもって。



ん?




なんだこりや?






えっと。



手首と。








手首ーーー!









これ、




雪舟の「恵可断臂図」




これをもとにしてるんだって!





よく見ると。




手首ー。


これ、簡単に言うと。


恵可という僧が達磨の弟子になりたさ過ぎて


手首切って差し出したところらしいの。







その作品の「手首」をこんなに大きく描いちゃってるっつう。




見ていると怖いっていうよりも

不思議な感じ。

なんだか、手首よりそのまわりの余白が印象的で。






で、


手首からのーーー。





達磨




シブイ!

すごい迫力なんだけど。

でも何だかどっしりとした印象というより

危うさ不安定さを感じるのは何故だろう。


勢いと、うねりっていうのかな。




で、

その端っこに。




あのー。

君は誰ですのん?





で、これは唐獅子かな。












よく見ると。












きゅぅぅぅーーーん。


かわいい。




お。




こっちも、さぞかし。







・・・




ぎょおーーーん。


。。。かわいくねぇ。











で。



ね。




お口直し的な



キモ可愛い作品見つけました!



こちら。




特に何が可愛いかというとーーー。



ふふ。




昨日のブログ読んでくださった方は

お気付きかな?





そう!




鼻毛。




でへ。



可愛いー。


しかも今回は

鼻毛の中に何かいるっー!





と、ひとりで大興奮しながら進むと。








ひょえええーーーー。





はあい。


続く。





知能が小学生男子なみのYUNEMOKO
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

誰と行くか!一人で行っても家族で行っても恋人と言っても絶対に楽しい!森美術館「村上隆の五百羅漢図展」

こんにちはー。



週末お天気悪いから、今日洗濯がんばんなくっちゃ!






頑張ったご褒美には。







ふぉふぉふぉ。

と意味もなく高笑い。







さあ、早速。

行ってきました!


森美術館「村上隆の五百羅漢図展」




さあ、会場へ入ろうかと思ったら。





ん?







ご本人人形?


五百羅漢な村上隆?







近寄ってみると!







ひぃぃーーー。


リアル。










さらに。


近寄ってみると!










ひょえええーーーー。

顔!顔!顔!







よく見ると、足までキモイ。



あ、キモイって言っちゃった!





と。


まだ中に入ってもいないのに。





大騒ぎ。




で。


中へ。




まず最初に飛び込んできたのが、

この「円相」シリーズ。








これ。



一枚目の絵は。





がっつり本人登場!




この時点で、本人出ずっぱり!



ほら。


二作品目にも!







この時点で、どんだけ自分好きなんじゃい!と。




でもさ。






消えた!








以降、ずっと存在せず。







ここで、ちょっと思ったのは



私はタイトルにもあるように

「村上隆の」展覧会見に来たわけで。



もう、あのヴィトンで有名な「村上隆」

という先入観でいっぱい。




でね、入る前から五百羅漢な村上隆人形で

たっぷり本人意識させられて


ここで、消滅させてる。



ふふ。

なんかね、

「いったんオレの名前はさておき、作品見ろ!」


と言われてるような。





で、




振り返ると。


ずらっと続く作品が。


「宇宙の深層部の森に蠢く生命の図」

240×3045cm!























う、金ぴか像が入っちゃった!



これでどうだ!







でね。

ざっと俯瞰で見つめた後、

少しずつ寄っていくと。





一番最初の絵には




そりゃもーーー。

生き物がいっぱいいるんだけれども。

シャボン玉がぶわっと出るみたいに

どばっと溢れかえったような感じ。





気になるのは、センターの子の





鼻毛。


ぷぷ。カラフルなんだもん!





続く作品の中にも気になる部分がてんこ盛りで。









えっと、どんぶり見てる?




なんてどんぶりに気を取られてたら。






右の3人も見落とせない!






獅子がいたり






四天王?








このドラゴンカラフルで綺麗ーーー。






パンダもいるでよ。







でね。

金ぴか像の後ろの作品には。


ガネーシャや





虎?






この作品だけで見どころ満載。



何だか、


何でもある!

全部あるって感じ。






にしても、


この真ん中にある金ぴかな像が







こういっちゃなんだけど。



邪魔!







オモチャの様な、

なんというか、ニセモノ感!




意図するところは解らないけど。

そのチープな感じさえも(さっきから散々で失礼!)

笑えてくる。







で、次の部屋に進むと!!!!







あ。



これ!!!









つづく。






のろまな亀よりのろまなYUNEMOKO












にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

美術館ファッション!五百点満点!?あら、かんどーだわの森美術館「村上隆の五百羅漢図展」

おはようございます!



あっという間に今月も終わっちゃいそうだねー。





行きたい美術展、

まだ行けていないところいっぱいあるなぁ。




と、ぼやいても行けるわけじゃないので。


まあ、ぼちぼちいこか。ってことで。






本日は美術館ファッション!






テーマはこちら!


「ポイントはムラサキのたかくはないけど、あわせになるファー。

五百点満点!?あら、かんどーだわ。」


の美術館ファッション! 




ということで。



じゃーーーん。












ポイントのムラサキ!








ふふふ。その中でも特にポイントがここ!






このメガネ&ベレー帽のワンポイント!

かわいーーー。






そして、毒キノコファー!







ダウン:ユナイテッドアローズ(6~7年前?セール¥4万位?)
ニット:Peu Pres (セール¥6~8000位?)
スカート:earth music&ecology(セールで¥1000代)昨年もの
バック:フォーエバー21(¥2900位?)
ファーボンボン:楽天(¥2000)
ブーツ:earth 一体何年はいてるんだろう。¥?





そう、行ってきたのはこちら!


森美術館「村上隆の五百羅漢図展」
おすすめ






あいやーーーーーー。






もうね。



奥さん、大変よ。




え、





だってさ。






続く。






羅漢で思わず「ラカント(羅漢果)」という

ラカント


カロリーゼロの自然派甘味料を思い浮かべる

万年ダイエッターYUNEMOKO



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

時をかける少女になれる!煩悩と戦う戦士になれる!銀座メゾンエルメス「ローラン・グラッソ展」

おはようございます!


きぃーーんと寒いけど、

空気が澄んでいて気持ちいい!



こんな日の朝食は、炊きたてのご飯にこれ。



新潟加島屋のさけ茶漬け。

ぶっちゃけ、どえりゃー高いですけんども。

激うま。






さあ、モリモリ食べて

昨日の続き。


昨日は「暗いわ寒いわ飲んじゃったわーで

肝心の内容を書く前に閉店しちゃったからねー。





銀座メゾンエルメス「ローラン・グラッソ展」
20160125164623797.jpg




銀座のエルメスの8階にあるんだけれども。(無料)




見て!


会場には・・・




こんなに色々冊子があって。





今回のや


「Soleil Noir」 ローラン・グラッソ展 2015. 11. 11(水)~2016.1.31 (日)





「YÔKAÏNOSHIMA」 シャルル・フレジェ展 2016.2.19(金)~2016.5.15 (日)


次回の案内も。




それ以外にも嬉しいのは

行きそびれた


「境界」 高山明+小泉明郎展 2015. 7. 31 (金)~10. 12 (月・祝)




などなど。




で、これ。


今期の世界中のプログラム。




外も中もお洒落でテンション上がるーーー。







とホクホクしながら早速。




フランス人アーティスト、ローラン・グラッソさん。


初めて見るんだー。






あのね。

正直に言うと、

作品一つ見ただけじゃ

よくわからないものも。







「今」を描いてるような気もするし



遠い昔や、近未来のような感じも。







で、君はなぜここに?







でね。

ぽけーーーと見てると。





これなんて歴史画っぽいけど、

どこか宇宙っぽくもある。




そんなお向かいには。






あれ。


この子。


東京国立博物館で見た

土偶「仮面の女神」に似てる!

国宝

違った、これはコラボで作ったパンケーキ!




本物はこの子。

国宝



ね!





何か手元は仏さまっぽいけどさ。



何だか、場所や国、時空を超えた感じが


不思議で面白い!





そう思ったら、

しっくり。




ここも。









この置物の横には


一枚の絵が。





ん?






同じだ!









作品から飛び出してきたかのよう。


で、



ラスト。




一番後ろのパネルに回り込むと。













どかーーーんと金屏風。






不思議な不思議な絵。






馬に乗る西洋風なお方。







高く黒くそこにある月?太陽?





そして反対側には




日本。







そう、ここでもやっぱり


場所や時代がまるでまじりあって存在している。






でもね、映像も見れるんだけど。




不思議とすべて繋がっている感じ。







風や空気や、月や太陽。

同じ物が色んな場所へ流れ続けて

でもまた新たな空間を作ってる。っていうのかな。





うーーーん。

実際はわかんないけどさ。



そう、まるで「時をかける少女」気分。


少女。気分だけはね。







で。


ほげーーーとしながら一階へ降りたら。




危険危険危険!!!







エルメス

エルメス



可愛いのまんさい!




欲しい欲しい欲しいーーーー。


いやでも。値段が!!!





と、頭を煩悩が駆け巡る少女。


ならぬ、その姿はまるで必死に戦う戦士!





今回はボロボロになりながら、

何とか瀕死の状態で帰還。




そんな一日だったとさ。











むしろ煩悩に負けて、手に入れたかった。YUNEMOKO







にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

本日の生中継、最終章第四弾はーーー。


そう、というわけで。






先程のブログでご紹介した通り、


行ってきたのは!




銀座メゾンエルメス「ローラン・グラッソ展」






なのだけれども。






外出たら







もう暗いよねー。



ってことで。




ええ。



しつこいようですが。






今ここ、状態。






なぜゆえ、遅くなったか?




で、結局展覧会はどうだったのかー?








それは。






また





明日!






6時前だけどね。

飲むよね。






本日は閉店ガラガラーのYUNEMOKO



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

生中継で、到着したのはーーーの第三弾!

と、いうわけで。




到着したのは








はーい。




銀座エルメス。












ちよっくら見てきまーす!






短いよね。でへっ。のYUNEMOKO


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

本日、生中継中な第二弾!只今、日比谷図書文化館「祖父江慎+コズフィッシュ展ブックデザイ」

さあ、さあ、先程の続き!

到着したのは






大きい公園!









日比谷公園の中にある









日比谷図書館のーーー










日比谷図書文化館「祖父江慎+コズフィッシュ展ブックデザイ」

※「ブックデザイ」であってるんだよー。







これパッと見たときは、

ん?大丈夫かな?とちよっと不安に。



なんだか、難しそうだし。本のデザインだてそもそもよくわかってないし。






でもねー。


イメージしていたのと全然違う!


写真撮影一切禁止だから、

いまはうまく説明できないけど。



私の知ってるあの本も!

私の大好きなあの漫画も!




えー。この方のデザインだったのーーー。






それにね。





本のデザインって、ちょちょちょって感じで



さっさっかさーーーと簡単にしてるぐらいにしか考えてなかったんだけど。





すっごい。






えーと。




うまく伝える自信は全くないけど。








宇宙。






なんかね、私の中では


宇宙規模だった。






面白かったので、後日またあらためて語りたい!




と、熱い思いで。




向かった先は!






えっと、一応まだ続くんざます!のYUNEMOKO






にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

生中継?初の試み!展覧会行く先々で更新してみるっす!のまき

みなさーーーーん。


こんにちは!





月曜日!

今週も始まったね。


さあ、今日は初の試み。




生中継!とまではいかないけれど。


展覧会に行きながら


行く先々でブログアップしてみようかとーーー。





まあ、普通の人はそういうのTwitterやインスタでするのよね?

きっと。




でもまあ、




たまには趣向を変えて。



では手帳を片手に出発ーーー!



あ、歩きながら撮ったからバックが見切れてる!




さあ、向かった先はーーー。





うまく更新でるしらん?のYUNEMOKO


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR