FC2ブログ

「もしドラ」好きだった君!そのドラッガーさんえらいもん持ってはりまっせーの千葉市美術館「ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画」展

おはこんにちは!



こちらは雨降らずに済んだよー。


さあ!日曜日だ!

何しようかなー。って考えてるこの時間が楽しいんだよね。


まあ、取り合えず家事終わってから考えるか!




ってことで。


行ってきました!

千葉市美術館「ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画」展









そう。

「マネジメントの父」と言われた

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー
ドラッガー

この方がお持ちのコレクション展。







へーーー。

あのドラッガーが、こんな展覧会できるほど沢山持ってるんだ!





あ、そう言えば。

数年前、ベストセラーになったこんな本あったね。

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
ドラッガー


子供にもわかりやすくて、結局アニメや映画にもなったんだっけ?




で。

ドラッガーさんに話を戻すと。


1934年のロンドン。

「雨宿りのため偶然迷い込んだ日本美術展で、ドラッカーは日本美術と出会う」
んだってーーー。



なんつう出会い!

ロマンチックーーーー。



で。

1959年に初来日し、初めて購入したのがこれ。




式部輝忠《渓流飛鴨図》室町時代 扇面画
ドラッガー

うわ。

最初に購入した作品がこれってめっちゃ渋い!



ちなみに。

他にも、清原雪信の芙蓉図あって、この2作品が最初のコレクションなんだって。




何だか、私の勝手なイメージでは

外国の方の好きな日本画ってどうも浮世絵的なイメージがある。


ジャポニズム的な。



でね。ついで1962年に購入した

如水宗淵 《柳堤山水図》室町時代



これ、東京の瀬津雅陶堂という超一流の古美術商で購入したものなんだって。

ドラッガーさん、初めてここを訪れたとき初代ご主人の瀬津伊之助さんに

「室町水墨の山水画の良いものをみたいのですが・・・。」って言ってびっくりされたんだって!!!




そりゃそーーーだ!!!




ちなみに瀬津伊之助さんはあの魯山人のもとにいた方らしく。

ドラッガーの日本画に関する「先生」の一人だとか。



すごい人はすごい人を引き寄せるんだなー。





で、ドラッガーさん。


その後毎年のように来日し

(あ、仕事でね。でもこれ、日本画の為に仕事入れたよね絶対!)




それにしても、今まで見たことのないような人の作品がいっぱい!

雪村周継《月夜独釣図》室町時代
ドラッガー

月夜に一人で釣りしてるなんて、風情よねーーー。



他にも、鳥さんシリーズ!



知有 《翡翠図》室町時代




精庵 《雪中雀図》室町時代




この方たち。

なんと、ここでしかその人の作品見れないものなんだって!


そう言われてみれば、室町時代の絵自体余り見たことないもんなー。




でも一番好きな鳥シリーズはこれ。

柴庵《柳燕・鶺鴒図》室町時代
ドラッガー



この鳥たちのーーー



この表情!









表情といえば。

海北友松《翎毛禽獣図》六幅のうち 桃山時代
ドラッガー


このおさるさんもいい表情してる!

ドラッガー

ね!!!





江戸時代のずっとずーーーと前から、動物を慈しんできたのがなんかわかる。


鳥獣戯画だってそうだもんねー。






でね。このあと、ドラッガーがどんだけ日本画愛してたか。

それを思い知ることになるんだけど。




それは・・・








つづく。






思い知ったのよ。まじで。のYUNEMOKO



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

美術館ファッション!こう暑くっちゃー、海でしょ! 海といえば千葉でしょ! マネジメントの父も愛してくれるかもー!の「ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画」展

おはようございます!


昨日は結構雨降ったー。

出掛け先で思うは、ベランダの洗濯物。


まあ。私の心配事なんてそんなもんです!





ということで。

本日は美術館ファッション!




テーマはこちら!


こう暑くっちゃー、海でしょ!
海といえば千葉でしょ!
マネジメントの父も愛してくれるかもー!

・・・の美術館ファッション!





じゃじゃーーーーん。





千葉といえば海ってことで、マリンな感じ。

いや。海に行ってないけど。





HIGHWAYのロゴ入りTシャツ


電車でいったけども。




初登場。



コロンとした形が可愛いでっしゃろ?



こないだから履きまくっているサンダル

20150518075813175.jpg





ダンガリーシャツ:ZARA (数年前¥?)
Tシャツ:しまむら¥900位だったかなー
スカート:ZARA¥5900
スポーツサンダル:SHAKA(¥8000位)And Aで。


でね。

バック。


まさかのPRADA。

このプラダ感ゼロなところが可愛いでしょー。


これ昨年秋に御殿場のアウトレットで¥2万!

お値段も可愛いーーー。




どうやらプラダ感ゼロは余り受けが良くないようで、他に緑やオレンジもあって・・・。



一応。ロゴ付いてるよ。



よーーーく見ると。

かすかに見える文字



そう。中には




隠れミッキーならぬ隠れPRADA。

千葉だけにね!・・・ってここでもこじつけ。




そう!

行ってきたのはこちら!





千葉市美術館「ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画」展

千葉




サブテーマは「マネジメントの父」が愛した日本の美なんだけれども。



もうね。


愛したって言葉がぴったり!





なぜって言うと。





それは・・・






つづくのよーーーーーー。








あーあ。あのバック本当は緑も欲しかったのよーのYUNEMOKO









にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

えー!子供の大好きなアレで芸術作品が!?ぶったまげだよ!の面白アート!!!

おはようございます!

あっという間の金曜日。

あれ、思っていたより天気悪い!


こんな日は、のんびり家でコラボでもつくろうかなー。

何かいいアイデアないかなー。とPCでウロチョロ。



いやー。おくさん!

ぎゃーーー。と叫びたくなる代物発見!





まずはこれ見て!


Bunkamura「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」展にはなかったけれど、

ボッティチェリと言えば『ヴィーナスの誕生』!


(昨日までのボッティチェリ展ブログはこちら☆彡①☆彡②


サンドロ・ボッティチェリ『ヴィーナスの誕生』
バルーンアート


これがーーーー。








いくよ?







じゃじゃーーーん。


ヴィーナスの誕生 ボッティチェリ


わかる?

すごい!なんとこれバルーンアートなんだよ!


元は風船ってすごくない!






他にも。


アンディ ウォーホル キャンベルスープ缶 トマト !
バルーンアート







こちら。

ジェームズ・アボット・マクニール・ホイッスラー「灰色と黒のアレンジメント-母の肖像」
ホイッスラー


どうなったかというと・・・・・。







ほら!


バルーンアート



ああ。見てるだけでワクワクしてくるーーーーー!







はい。問題!






ではこれは何でしょう?







どん!



バルーンアート






ぐふふー。

すごいでしょ?







そう!


レオナルド・ダ・ヴィンチ「モナリザ」
レオナルド ダビンチ モナリザ

ちょっとごっついモナリザだったけれども。





で。




わたし的に一番感動したのはこれ!







ヨハネス・フェルメール「真珠の耳飾りの少女」
フェルメール 真珠の





なんと。





フェルメール 真珠の

光まで!!!!


ね!すごくない!!!







実はこのバルーンアートは「Airigami」っていう名前らしくて。



このHPで色々な作品が見られるの!
(HPはこちらから☆彡
バルーンアート





特にこの「Portfolio」が面白い!(ここから入れるよ☆彡
バルーンアート



左上のドラゴンク画面リックすると色んな写真が見れて(ここから入れるよ☆彡
バルーンアート



右上画面のクリックすると、ユーチューブで動画が見られるよー。(ここから入れるよ☆彡
バルーンアート






もうね。英語チンプンカンプンだけど。

写真一個ずつ見ていくだけでも面白い!


ずうーーーっと見ちゃうよー。

ずうーーーーっと。





え?

お気づき?






そう。

見すぎてなーんも出来てない。





まさか、こんなバルーンアート作れないしなー。

ってことで。



本日は「え?こんなものまでアートに!?」の特集!




ってことにしよーーーっと。




・・・これ、第二弾・第三弾あるなー。







ああ、世の中にはまだまだ凄いもんがあるだっちゃな!

よし!わしも頑張るべ!のYUNEMOKO





にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

本日はエロ爺祭り!ルーヴル美術館展とグエルチーノ展見た方は絶対楽しい!「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」展

こんにちはー。


暑くて暑くて。

ダラダラしております!


今日は絶対これ飲みたい!!!
スタバ
ストロベリー クリーム フラペチーノ美味しいよねー♪

え?

ダイエット?

するする!明日こそはする!きっと。




さあ。本日も始まりました!


Bunkamuraザ・ミュージアム
「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」展




昨日の続き(☆彡




第3章 富めるフィレンツェ

13世紀以降、ヨーロッパではたびたび「奢侈(しゃし)禁止令」っていう

贅沢を戒める条例が発せられるらしいの。



ああ。

こういう時全く歴史を勉強してないと困るのねー。



なんで贅沢禁止なの?

誰が誰にダメっていったの?

フィレンツェ自体が金融や貿易で豊かになったんではないの?

貧富の差が激しかったのかな?それとも清貧が美徳とか?



なんて知識不足のまま進むと。


フラ・アンジェリコ 《聖母マリアの結婚》
ボッティチェリ

結婚式の絵なのに、なんだか思ったより地味だなーと思ったら。

毎日小学生新聞によると、この絵の服装が地味なのは

「ローマ法王庁からたびたび出された贅沢禁止令の影響が出てる」んだって!



おお。「奢侈(しゃし)禁止令」はローマ法王庁から出てたのね!



お次はフィレンツェの商人や銀行家の寝室に飾られた絵や調度品。

第4章 フィレンツェにおける愛と結婚




この絵が面白い!

スケッジャ《スザンナの物語》
ボッティチェリ

これストーリ仕立てになっていて。

綺麗な妻スザンヌちゃん。
ボッティチェリ


そのスザンヌを見て、裁判中の長老がご乱心。
ボッティチェリ


入浴に行くスザンヌ
ボッティチェリ


それを覗こうと階段を登る長老
ボッティチェリ


で、スザンヌに言い寄る長老
ボッティチェリ




実はこれ、旧約聖書外典で語られる「貞淑な妻スザンナの物語」の絵で。



美しい若妻スザンナが沐浴していると、長老二人が言い寄ったけどスザンナは拒絶。(そりゃそーだ!)

すると長老たちは、スザンナが庭で青年と密会していたと姦通罪で訴えた。(なんつう嫌な奴!)

で、スザンナが死刑されそうになるんだけど、 預言者ダニエルが二人の長老の矛盾を暴いて

スザンナを助ける。。。というような話。



このお話が、美徳を代表するものとして婚礼家具に多く描かれたんだって。


他にも同じ物語が掘られた象牙の櫛

ボッティチェッリ





・・・あれ。

これ、どこかで同じような絵見た記憶が。



そう。


国立西洋美術館
「グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家」展
(記事はこちら☆彡



ここで見たこれ。



グエルチーノ 《スザンナと老人たち》
グエルチーノ


これ見たときは、なんだこのエロ爺達めー!くらいだったんだけど。


そんなストーリーだったとはね。





さあ。ここからはボッティチェリ祭りだ!

第5章 銀行家と芸術家

ここでは銀行家の人達が注文した作品がいっぱい!


サンドロ・ボッティチェリ《聖母子と二人の天使、洗礼者聖ヨハネ》
ボッティチェリ
マリア様の裾のこれなんだろなー。
ボッティチェリ




サンドロ・ボッティチェリ《聖母子と二人の天使》
ボッティチェリ


この二つの絵。

マリア様の衣装がそっくり。





サンドロ・ボッティチェリ《受胎告知》
ボッティチェリ

とっても大きな壁画。もともとは修道院に描かれた壁画だそう。


にしても。イケメン天使くん。
ボッティチェリ

韓流ドラマにありそうだ!



そして最後の章が

第6章 メディチ家の凋落とボッティチェリの変容

ずっと栄華は続かないのね。ってことで、メディチ銀行が衰退してしまうのー。


この当時。

修道女プラウティッラ・ネッリ(帰属) 《聖人としてのジロラモ・サヴォナローラ》
ボッティチェリ


この人、修道士サヴォナローラ。

「虚栄の焼却」といって、贅沢品や宗教上好ましくない芸術作品を燃やした人なんだって。


ひぃー。何も焼かなくったってー。と思った方、私もおんなじこと考えた!!!




そんな時代にボッティチェリが描いた作品。

サンドロ・ボッティチェリ《ロレンツォ・デ・ロレンツィの肖像》
ボッティチェリ


今までの作品と違って、華やかさとかなくてなんだか悲しい。

この人の顔も浮かないわね。


なんだか、最後はちょっとしんみり。

一つの時代が終わって、でもまた次が始まる。

そんな感じを受けて見終わったんだけどーーー。



ルーヴル美術館展(6月1日まで!)とグエルチーノ展(5月31日まで!)

これと合わせて3つとも見ると面白かったよーーーー!


見たことある絵に別の展覧会で出会ったり。

同じテーマの作品が一気に見れるから、すごく印象に残る!


っていうか、何でこの3つの展覧会協力や提携しないのだろーーー。


宗教画ってイマイチわかんなくても、エロ爺の話が旧約聖書からきてたとか

それだけでも面白い!


今週末おすすめ!

鳥獣戯画もいいけど、エロ爺もいいよーーーー。




って、どんだけエロ爺押し!?のYUNEMOKO


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

大昔も今も一緒ね。欲深いあなたも子供の心配がつきないあなたも!の「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」展

やっほー。皆様。


今日も暑くなりそうだねー。

で、梅雨になったら

びっくりするほど寒くなるから

なかなか衣替えできないわー。



と、本日も言い訳完了!



さあ!行ってきました。


Bunkamuraザ・ミュージアム
「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」展




エスカレーター降りたところに

こんもり咲いてたお花たち。

かわいいーやーねぇ♪



フィレンツェと言えば、以前ブログにも書きましたが(☆彡


「死ぬまでに一度は行きたい美術館」、略して「死ぬ行き美術館」にも登場した



ウフィツィ美術館
イタリア

行きたい行きたい行きたいーーーー。と呪文のように唱えてみる。




で。すぐには行けないので。

少しでもフィレンツェの芸術を感じるべく中に入ると。。。




フィレンツェの金融業が栄えて、ルネサンス期の芸術も傑作が生み出されていくってことで

はじまりは金貨から。



序章 富の源泉:フィオリーノ金貨



フィオリーノ金貨
ボッティチェリ
直径2cm。

ああ。ルパンになりたい!(峰不二子と言うのはおこがましいので)

真っ先にそう思う不埒なあたい。




第1章 ボッティチェリの時代のフィレンツェ



サンドロ・ボッティチェリ《ケルビムを伴う聖母子》
ボッティチェリ

聖母子の美しいね。

ただ、周りの天使ちゃんたち顔こわっ!




これ、ボッティチェリ君(ボッティチェリは「小さな樽」というあだ名)の作品なんだけど。

欲深い私は、周りに沢山描かれた金貨の模様は本物だったらなーと思わずにはいられないのさ。



そんな私の写し鏡?

マリヌス・ファン・レイメルスヴァーレに基づく模写 《高利貸し》
ボッティチェリ


・・・あれーーーー?これ。



国立新美術館
「ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」で見たぞ!


ブログ記事はこちら(☆彡


マリヌス ファン レイメルスウァーレに基づく《徴税吏たち》 16世紀
ルーブル




模写なだけあってそっくし!

ボッティチェリルーブル

どちらも悪い顔してやがるぜ!



お。

これもルーヴル美術館展で見ただ!

マリヌス・フアン・レイメルスヴァーレ に基づく模写《両替商とその妻 》
ボッティチェリ


こちらがルーヴル美術館展のやつ。
クエンティン・マセイス 《両替商とその妻》 1514年
ルーブル


こちらも並べちゃえ!
ボッティチェリルーブル





こうして見ると、上の高利貸しはやな感じだけど。

下の両替商と妻はいい人そうに見える!




でね。


第2章 旅と交易:拡大する世界

ここでは、金融業の人たちが世界中を旅するようになったということで

旅の道具や地図なんかも展示されてるんだけど。


私が一番気に入ったのはこれ。


フランチェスコ・ボッティチーニ 《大天使ラファエルとトビアス》
ボッティチェリ


旧約聖書外典『トビト記』の

「目が見えなくなった父親のかわりに、お金を返してもらいに旅に出る息子トビアス。

その無事を祈る両親の願いを聞き入れ、大天使ラファエルが一緒に旅して守ってくれる」というお話で。



そこから当時の人達が、我が子の旅の無事を祈って、お守りとしてこういう絵を飾ってたとか。




仲良く手つないでる!



ん?

手に魚。




お弁当かと思いきや。


トビアスが旅の途中で巨大な魚に襲われて、それをラファエルに助けられ

ラファエルの言われたとおりに魚を持ち帰り・・・

その胆嚢でお父さんの目も治ったとか。



巨大魚にしちゃー、小ちゃなっとりますが。


これ、有名なお話なんだね。


サンドロ・ボッティチェリ《受胎告知》




ほら、受胎告知の左奥に!





それにしても。

可愛い子には旅をさせろって言ってもさ、

大昔からいつの時代も親が心配なのはかわんないんだねー。

そう考えると、大昔の絵が微笑ましいっていうか

これらの絵の中に親しみ感じるよねー。




ただ。

ひとつだけ。


画家の皆様の名前。


ボッティチェリとかボッティチーニとか、似てて難しすぎて。

そして何度もポルチーニ茸を思い出してしまうーーー!


え?

これこれ。


ポルチーニ茸のパスタ!
ポルチーニ



あー。

お腹減った!


お昼はパスタにしようっと!





結局、食い気のYUNEMOKO






にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

美術館ファッション!それあだ名だったのー?の「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」展

おはようございます!


数日前から

夏までに少しは痩せよう!とスムージー飲んでみたりして

ジタバタしとります。が。

ダイエットしてるって思うだけでお腹すいて、

結局いつも以上に食べちゃうんだよねー。



と、言い訳から始めたけれども。


さあ。本日は美術館ファッション。


テーマはこちら。

「それ、小さな樽ってあだ名だったの?富も美も欲しいけど。とりあえずは今日から私もボッティチェリ!」


じゃじゃーーーん。




お腹についた「小さな樽」隠しのオールインワン!

楽チン!外でトイレ行くときは面倒だけどね。




富はないけど、キラキラの靴なら持っとる!


このキラキラ、本物の金だったらなー。

富、手に入れてみたいもんだよ。




胸のマークがあんがいい仕事したーーー。


美術館は寒い!

ノースリーブで行ったが、そうそうにカーディガンを着込むのさ。

冷えは美容に大敵!よね!





実は、このオールインワン。


以前楽天で頼んだものーーー。

その時1位だったし、同じような身長体重の人がレビューされてたのでぽち。

1000円クーポン使って¥2700(税抜き)!

楽天
こういう画像見るとついチェックしちゃうよねー。


ってことで。


オールインワン:楽天¥2700
肩がけカーデ:RodeoCrowns(セールで¥3000位)
バック:H&M(多分¥2000位だったはず)
サンダル:ZARA(¥3990)


ああ。本日も安い女。

「一万円ちょいの女」って名乗ろうかしら。




そんな、一万円ちょいが行ってきたのはこちら!


Bunkamuraザ・ミュージアム
「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」展

ボッティチェリ


そこで知ったのよー。

ボッティチェリさんがあだ名だったって!

しかも「小さな樽」って意味だったなんて!!!



もう、なんか親近感わきまくりよ!


そんなチビ樽ちゃんが描いた絵がね!





でへ。


案の定、


つづくね。





「ジタバタするなよ!世紀末が来るぜ!」って歌詞あったけど、

もう一回世紀末過ごしちゃたわねーのYUNEMOKO


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

楽園!?天国!?酒が飲める酒が飲める!庭の綺麗な美術館で酒が飲めるぞーーー!

おはようございます!

昨日もいいお天気だったね!



この時期は本当気持ちいい!

花粉もすっかりおさらばで、外で過ごすにはちょうどいい季節だー。

梅雨入りするまでこの気候楽しまなくっちゃ。




こんな時期はさー、庭のある美術館でちょいと一杯なんて楽しいやね。

ぐふふ。

ビール


ん?

美術館ってどこでも飲めるんだっけ?




というわけで。


本日は

「綺麗な庭のある美術館のカフェやレストランでお酒飲めるところ特集!」



折角だから、まずはお庭の綺麗なとこ。

と言えば。

東京都庭園美術館HP
庭園美術館
こんなうちに住んでみたい!


工事中だったけど、ちょうどカフェの前あたりが公開されてんだよねー。
庭園美術館


カフェ・ド・パレ
庭園美術館


メニュー、ぱっと見ると・・・
庭園美術館

アルコールなさそう・・・。


お。全メニューリスト発見!

庭園美術館


グラスワインとビールあったーーーー!

よし!幸先いいぞ!!!




お次。

根津美術館HP
根津

この通路、何回通ってもテンション上がる!

こちらも素敵なNEZUCAFE'
根津


メニューあったシャンパン!
根津

でも。

よく読むと・・・・

「5月12日(火)~5月17日(日)の夜間開館の期間中、5時よりシャンパンがお楽しみいただけます。」

だってーーー。もう期間過ぎてる!うう。残念だわ。来年来年。




あとは公園の中にある緑に囲まれたー

世田谷美術館HP
世田谷美術館
世田谷美術館


レストラン「ル・ダルジャン」
世田谷美術館
世田谷美術館

フレンチレストランなのでお酒はばっちり!



この美術館、確か地下にもカフェがあったはず。

「SeTaBi Café (セタビカフェ)」
世田谷美術館


ここはどうかなーーー。と思ってメニューチェック!
世田谷美術館
あった!あった!!!

ぐへへーーー。




あーーーー。お庭といったらここ外しちゃなんねえ!


原美術館HP
原美術館
まるでリゾートホテル!


カフェも素敵じゃー。
原美術館


展覧会にあわせたイメージケーキすごいよねー。
原美術館



あ。

この週末限定の「ガーデンバスケット」っての良さそう!!!
原美術館


「原美術館」「ガーデンバスケット」で画像検索したら・・・
原美術館

ギャー。美味しそう!楽しそう!

これ食べた方羨ましいっーーー。



はぁはぁはぁ。


朝から大興奮で疲れるわ!




と。

軽く見ただけで結構お庭で飲めちゃうとこあるのね。

何だかそれわかっただけでも幸せーーー。


美術館の周りにカフェやお店っていっぱいあるんだけど、

これはこれで贅沢な時間だなー。




で。おまけ。


色々チェックしているとすごいとこ見つけた。

ここ。

岐阜県高山市の

飛騨高山美術館HP
飛騨高山美術館

飛騨高山美術館
お庭も綺麗だね。



レストランもいい感じー。
飛騨高山美術館

飛騨高山美術館




でね。


お近くの方には当たり前なのかなーーーー。


ここ。


なんと!



美術館でビアガーデン!!!

飛騨高山美術館
(お料理はイメージ画像だそうです)


夏に毎年やってるみたいだよー!

ほら。花火の日なんてのもある!


飛騨高山美術館
飛騨高山美術館
※ビアガーデン情報はHPのカフェのところではなく、ブログで見つけたよ!



す・すごい!!!


すんばらしいーーーーー!!!



何だか普段美術館に行かない人でも

これなら行きやすいよね!!!


ビアガーデンの前に美術展見たりしてさーーー。

お子さんだって、

「美術館は楽しいところ」

「美術館は美味しいところ」

って思ったらもっともっと美術が好きになるかも知れないよねーーー。



ってことで。

夏に飛騨高山に行く方は要チェックですーーーーー。





川島なお美さんが昔「私の体はワインで出来てるの」っていってたけど

「私の体は脂肪で出来てます」のYUNEMOKO




にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

勝手にごっつい男だと思っていたけれどー。の八王子夢美術館「日本画家 加山又造 アトリエの記憶 」展

こんにちはー。

雨かと思ったら、そうでもない!ラッキー♪なんて日曜日。



今日は(今日もだけど)のんびりゆっくりいきましょう~。



という訳で。


行ってきました!

八王子夢美術館
「日本画家 加山又造 アトリエの記憶 ― 水墨画 素描 版画 装丁画 ―」展







私、お名前の勝手なイメージで・・・。


このように
東郷

何だか西郷どん的な方かと、ずーーーと思っておりましたの。


でも実際はーーー

加山又造
新潟県の駒形十吉記念美術館HPより(☆彡


うわー。繊細そうな感じーーー!(って西郷どんが繊細じゃないみたいな・・・)


私は確か根津美術館でやってた映像で動く「加山又造」さん見たんだけど。

映像の方がより華奢で繊細で優しそうな感じだった。




一度に沢山の作品を見たことがなかったので、楽しみーーーー。



今回はご家族の方が多摩美術大学に寄贈された作品が中心なんだって。

そう言えば、東京芸術大学出身で教授もなさってたけど

芸大で先生する前に長いこと多摩美術大学で先生だったんだよねー。



でね。

銅版作品って初めてみたんだけど。


《鹿》 銅版 1955年(サンプル版 1970年) 多摩美術大学
加山又造

リボンテープを幾重にも繋げたような重ねたような感じで。

狼版はもっとリアル。

《狼》 銅版 1955年(サンプル版 1970年) 多摩美術大学



何だか着物の柄でもカッコよさそうだなー。



他にも

《ほね貝と千鳥》 銅版 1972年 個人蔵
加山又造

これも銅版。

細かくて繊細!

同じ鳥でも

見たことのあった「群鶴図」とはまた違う感じ。

MOA




これも銅版。

《花》 銅版 (サンプル版 1983年) 多摩美術大学
加山又造

繊細な分、おどろおどろしいー。



以前見た「華扇屏風」もよかったなー。

実際に見た銅版画は小さくて(40×30とか)、

今まで見ていた屏風と本当に印象が違う!




あと。今回初めて人物画見た。

《レースの裸婦》 リトグラフ (サンプル版 1978年) 多摩美術大学
加山又造

これもびっくりで、こんな風に人物画描くんだー。




『新潮』昭和46年3月表紙原画 個人蔵
加山又造

雑誌の表紙の原画だから、小さい!(20×20位)

他にも数種類展示されてて、個人蔵だって。欲しいわー。




これも素敵だった!

《牡丹》 リトグラフ (サンプル版 1990年) 多摩美術大学
加山又造



本物はなかったけれど、BMWの車デザインした時のミニチュアカーもあったよ。
BMW加山又造



でもやっぱり一番はこれ。


《倣北宋水墨山水雪景》 絹本墨画 四曲一隻屏風 1989年 多摩美術大学蔵
加山又造


この絵の迫力と不思議な感じ!


この作品の下絵なんかもいっぱいあった。



今回見て思ったけど。

私、加山又造さんの大きな絵が好きなんだなー。



大きい絵が「倣北宋水墨山水雪景」しかなかったの残念だったけれど、

でもそのお陰で自分の好きなものがよくわかったーーー。



ってことで、改めて大型作品のある加山又造展チャレンジしたいなーーーー。




うふ。貪欲な私。

皆様。どこか関東あたりでやってたら教えてくださいませー。





又造っていい名前だよねー。

本名かな?本名だとカッコいいねー!のYUNEMOKO





にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

美術館ファッション!記憶をたどって又出すぞうーの「日本画家 加山又造 アトリエの記憶 ― 水墨画 素描 版画 装丁画 ―」展

おはようございます!

土曜日だー。今日もいい天気だー。

明日はお天気悪そうだから

今日はお出かけ日和かな。




さあ。本日は美術館ファッション!




テーマはこちら。

「アトリエじゃないけど、押し入れだけど。記憶をたどって、だすぞう!」


・・・相変わらずダジャレ系?




じゃじゃーーーん。







記憶をたどらずとも、すぐに出てくる

もう、いっつもこれっ!っていうくらいのダンガリーシャツ





でも。このバックは夏がくーれば思い出すー。の引っ張り出してきたもの。

ストロー素材。要は麦藁。




スカートもコレお久しぶりな感じ。



アップで撮って初めてこんな柄だと知る!




でもって、。夏がくーれば思い出すー。のサボ。





ダンガリーシャツ:ZARA (数年前¥?)
スカート:ZARA (数年前¥?)
バック:コーチ (数年前¥?)
サボ:ブランド名忘れちゃった!確かセレクトショップアプトで買ったもの(楽天に入ってるよ)(数年前¥?)



はーい。又、又うるさい私が

行ってきたのは…ここ。



八王子夢美術館「日本画家 加山又造 アトリエの記憶 ― 水墨画 素描 版画 装丁画 ―」展
加山又造




そう。

東京芸術大学の生徒&先生だった

加山又造はん。



八王子夢美術館、夢ってついてるのがいいよね。





でね。


夢のような場所で見たものは・・・・・







つづく







だじゃれ?オヤジギャグ?でもおばはんギャグとは言いたくないなー。のYUNEMOKO


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

有名人がいっぱい!書いても書いても終わらない!エライもんに手を出しちゃったなーの東京藝術大学

おはようございます!


あっという間の金曜日。

久々にシーツやタオルケット洗濯しまくって

朝から幸せー。

やりきった感満開で(洗濯しただけだけどさ)

その後で飲む珈琲は最高!


本日もこの子で。





って。

ちっちゃい幸せ満喫したところで。






昨日の続き(☆彡


本日は東京藝術大学・生徒編。


上島

すぐ横の上島珈琲。

大昔にあったら、どんな人が訪れたんだろうねー。

って事で生徒編だった。


ちなみに。

芸術学部の生徒さんで、しかも私が知ってる&作品見たことあるって方のみです。




で。あまり美術に興味のない方も。

この方はご存知かなー。

イケメン俳優。

伊勢谷 友介さん(1976年5月29日生まれ)
伊勢谷
いやはや格好良し!

実は山本寛斎さんが異母兄弟だとか。



あとね。

柳 宗理さん(1915年6月29日生まれ)

デパートのキッチン用品で必ず目にするよねー。

柳宗理



あ。

生年月日入れているのは、学科や浪人の有無などはあっても

あの人とあの人が同じ時代に芸大に通っていたのー?と思えたら楽しいなと思って。




さて。

まずは一期生。


菱田春草さん(1期生)
菱田
伊勢谷さんばりにイケメン。

だから「めいこい」もイケメンだもんねー。
めいこい
明治東亰恋伽(めいじとうきょうれんか)より


作品はこちら。「黒き猫」
菱田

もうちょっと作品見たい方はこちらをどーぞ(ブログ記事①☆彡②☆彡③☆彡



横山大観さん(1期生)

助教授もされてたみたいだね。

ひかる目が印象的だった「木兎」
金

お酒が大好きだったらしくて、ウィキペディアの写真が愛らしい!
横山大観





下村観山さん(1期生)

昨日先生コーナーでもご紹介。(☆彡

下村観山

なにげにイケメンぞろいな藝大。(除くお酒大好き大観ちゃん。でも私は好き!)


で。

ここからは何期生かわからないけど。



熊谷守一さん(1880年4月2日生まれ)

「とのさま蛙」
熊谷
ほっこり可愛い絵が多いんだよねー。



安田 靫彦さん(1884年2月16日生まれ中退?)

昨日の先生コーナーでもご紹介。



藤田 嗣治さん(1886年11月27日生まれ)

レオナール・フジタとしても有名だよねー。


ポーラ美術館で見たこのシリーズ大好き!

「仕立屋」
藤田
「椅子職人」
藤田
「天才」
藤田




東山 魁夷さん(1908年7月8日生まれ)

山種美術館「東山魁夷と日本の四季」展よかったなー(①☆彡)(②☆彡

「年暮る」
東山

「春静」
東山





岡本 太郎さん(1911年2月26日生まれ)

やっぱりこれ。
「太陽の塔」
岡本




加山又造さん(1927年9月24日生まれ)

昨日の先生コーナーでも出たけど。

「華扇屏風」
金
これ目の前で見ると感動するよ!





千住 博さん(1958年1月7日生まれ)

うぉー。千住さまも卒業生とは!


「ウォーターフォール」
千住

からのーーー。


FENDIとのコラボバック!
フェンディ
フェンディ





日比野 克彦さん(1958年8月31日生まれ)

あ、先生もなさってたー。

いろいろ面白いことしてるなー。

このバッチ大人も欲しい!
日比野

あいうえの
☆彡




村上 隆さん(1962年2月1日 生まれ)

言わずと知れたヴィトントコラボーーー。

村上隆
村上隆

ただただ、欲しいよね。




そしてーーーー。大好きな三人衆!


福田美蘭さん(1963年生まれ)

「大津絵-雷公」
20150323190949316.jpg

「龍虎図」
20150323190532163.jpg

ああ。どこかで個展ないかなー。



会田 誠さん(1965年10月4日生まれ)


「群娘図’97」
MOA
(ブログ記事はこちら☆彡

もともっと作品みてみたい!





山口 晃さん(1969年8月2日生まれ)


うーん。もはや好きなモノだらけ。

紹介しきれない!(ブログ記事はこちら☆彡)(☆彡


「日々のてならし 夫婦善哉」
20150429085855235.jpg


「続・無残ノ介」2007
20150430110117454.jpg





ふーーーー。


と時間かかったーーー。



ほんといっぱいいる!


会田 誠さんと山口晃さんは対談とかしてるよね。

年代的に日比野克彦さんと千住博さんも一緒のイベントとかはあるみたい。

でも学生時代はどうだったのかなー。



まだまだ知らないことが多いけど、

同じ先生に教わってたり、学生時代は全く交流がなかったり。。。

調べれば色んなエピソードありそうだなー。



それは。また。いつかのお楽しみに。



いつかって逃げてるのは

余りの著名人ばかりで、ブログ書くのが疲れたからではないのよー

ええ。そ・そうよ!のYUNEMOKO







にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

yunemoko

Author:yunemoko
はじめまして。元アラフォー主婦のyunemokoです。この年になって美術館巡りが楽しいと知りました。ただ、余りにも知らない事が多すぎて行く先々で皆様にご迷惑をかけています。いつかは上手に美術鑑賞が出来るのが目標です。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR